JTBロイヤルロード銀座 「GLOBAL LOUNGE GINZA」訪日外国人観光客向け商品「Kabuki Journey to Rural Japan」発売

JTBロイヤルロード銀座 「GLOBAL LOUNGE GINZA」訪日外国人観光客向け商品「Kabuki Journey to Rural Japan」発売

[株式会社ジェイティービー]

JTBグループの株式会社JTB首都圏(東京都品川区 代表取締役社長:池田 浩)で高品質旅行を専門に企画・実施・販売するJTBロイヤルロード銀座は、訪日外国人観光客を対象に新商品「Kabuki Journey to Rural Japan」を7月14日(金)に発売します。

 JTBロイヤルロード銀座では、2011年より訪日外国人観光客を対象とした「グローバルラウンジ銀座」を設置し、お申込みからご帰国まで、専任のコンシェルジュが英語にてお客様のご旅行のアレンジ、 サポートを行っています。混乗ツアー等、既存商品ではご希望に沿わないお客様に対し、個々のご要望を反映したオーダーメイド旅行をご用意します。
 訪日外国人観光客は増加の一途を辿っており、グローバルラウンジ銀座の2017年上半期(1~6月)取扱人員も前年同期比228%にて推移しています。外国人のお客様の求める観光内容は年々多様化しており、そのニーズにお応えするために単なる名所の訪問だけではなく、特別感のある体験素材を提供しています。また、人気旅行先として日本が定着しつつある現在ではリピーターも増加傾向にあり、前回訪日時よりもより日本文化を感じられる観光や体験をお求めになる傾向にあります。

 今回発売する新商品は、中でも富裕層外国人向けに日本ならではの伝統芸能の歌舞伎を組み合わせ商品化した特別感のある内容となっています。
 世界遺産に登録されている「平泉」(9月16日発)と「吉野」(9月18日発)を訪れる二つのコースをご用意。世界遺産の名所を巡り、ご当地の食材を盛り込んだご夕食をお召し上がりいただいた後、特設会場で約1時間30分の市川海老蔵による歌舞伎・舞踊公演を鑑賞いただく日帰りのプランです。

【ツアーハイライト】

① 海外公演も行っている日本を代表する歌舞伎役者 市川海老蔵による素踊りをはじめ、4演目の舞踊公演の鑑賞。
② 世界遺産・歴史的建造物に特設ステージを設けて特別公演の実施。
③ お客様毎のプライベートツアー(2名様より催行、1名要相談)
④ 専任の英語通訳案内士が観光を案内(他言語ガイドも手配可能)
⑤ 専用ハイヤーで巡るため、快適・スムーズな観光を実現
⑥ 観光中のお食事についてはアレルギーや宗教にも可能な限り対応
⑦ お客様の要望に応じて宿泊や観光などの追加アレンジも承ります。(別途要相談)
*日本語または英語でご旅行のコンサルティングが可能。

<商品概要>

市川海老蔵 平泉歌舞伎公演ツアー
●出発日:9月16日(土)
●日 程:一ノ関駅13:00発→毛越寺→中尊寺→早めの夕食→平泉の「観自在王院跡」の屋外特設舞台での歌舞伎鑑賞→一ノ関駅またはご宿泊施設21:00着
●旅行代金:おとなお一人様116,000円
●特徴:お客様のグループだけの専用ハイヤーとガイドで観光を楽しんだ後、前沢牛のしゃぶしゃぶをお召し上がりいただきます。歌舞伎公演は特設会場での前方S席より「延年之舞」「橋弁慶」「安宅」「男伊達花廓」のすべての演目をご鑑賞いただきます。

市川海老蔵 金峯山寺奉納舞踊公演ツアー
●出発日:9月18日(月)
●日 程:京都駅12:30発→東大寺→早めの夕食→吉野金峯山寺の蔵王堂を舞台にした特設会場での歌舞伎鑑賞→京都駅またはご宿泊施設22:30着
●旅行代金:おとなお一人様132,000円
●特徴:お客様のグループだけの専用ハイヤーとガイドで観光を楽しんだ後、懐石料理を召し上がっていただきます。歌舞伎公演は特設会場での前方S席より「延年之舞」「橋弁慶」「吉野天人」「男伊達花廓」のすべての演目をご鑑賞いただきます。

<両コース共通のご案内>

  • お客様人数に合わせた専用ハイヤー、英語ガイド付(フランス語、スペイン語、ドイツ語、中国語、イタリア語、ポルトガル語、ロシア語、韓国語及びタイ語にも対応可)
  • 最少催行人員:2名様
  • 東京や日本国内のその他都市からの往復交通機関や現地での宿泊施設等の手配も可能
  • ベジタリアンやハラルなど、お食事のアレンジも可能
  • お子様の参加は6歳以上から可能(大人・子供同代金)

<お客様からのお問い合わせ先>

JTBロイヤルロード銀座 GLOBAL LOUNGE GINZA 03-6731-7671

<関連>

Favicon訪日ラボ

 

ポップカルチャー×伝統芸能×IT 老舗劇場「明治座」がインバウンド需要を狙ったナイトプログラム

1873年に創建され火災などによる再建を繰り返しながらも、140年以上にわたって興行が続けられている老舗劇場「明治座」(東京都日本橋)。歌舞伎や演歌歌手による公演など、中高年層をターゲットとした舞台が多い一方で、平成28年(2016年)9月から訪日外国人観光客などを対象としたナイトプログラム「SAKURA-JAPANINTHEBOX-」が組まれています。アニメーション、ゲームなどのポップカルチャーを組み合わせたり、二足歩行ロボット型の電話機「ロボホン」を取り入れたりと変わったパ...

Favicon訪日ラボ

 

ロボットやAIが訪日客をおもてなし?明治座・訪日客向け公演SAKURA - JAPAN IN THE BOXでRoBoHoNがガイドサービスを開始

2016年の訪日外国人観光客数は史上初めて2,000万人を突破しました。訪日外国人観光客数は異例のペースで増えており、JNTOは2020年の訪日外国人観光客数4,000万人誘致を目指して、これからもインバウンド誘致に向けた取り組みを加速させていくとしています。国内では訪日外国人観光客受け入れ環境の整備を目的に、日本の持つ技術力を生かし、ロボットやAIなど最先端技術を活用したインバウンド対策が始まっています。演劇興行を主に行う「株式会社明治座」でも新たな試みを開始します。 

Favicon訪日ラボ

 

日本文化を多言語で情報発信! 「文化情報プラットフォーム」ポータルサイトが2017年から正式運用

訪日外国人観光客の誘致において欠かせないのはプロモーション。言葉が使え、勝手も分かる日本国内なら、リソースさえ割くことができればそこまで難しいことではありません。リリース情報を出したり、SNSで情報発信したり、メディアでの露出を図ったりと、小中規模の事業者でも実施できる施策がいくつもあります。しかし、対象となるのが外国人となると、話は変わります。文化も言葉も異なる人々に対して効果的なプロモーションを行う場合、ノウハウがあるかどうか、多言語対応できるかどうかなどの障壁となり、一気に難しく...

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客のインバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!