eBay、カテゴリー分類の最適化や売れ筋商品が簡単にわかる新たな“Commerce API”を公開

eBay、カテゴリー分類の最適化や売れ筋商品が簡単にわかる新たな“Commerce API”を公開

~バイヤーもセラーも快適なeコマース体験が可能なAPIを継続的に提供~

[イーベイ・ジャパン株式会社]

eBayは、世界最大規模のマーケットプレイス「eBay」での出店やショッピング体験をさらに快適にするため、新たなAPI“Commerce API”を公開しました。Commerce APIにより、セラーはeBayマーケットプレイスのカテゴリー分類に対して、最適なカテゴリー案を得ることができるようになり、商品をより多くの人の検索結果にマッチできるようになります。また、在庫管理が容易になります。さらに、バイヤーは探しているものをさらに簡単に見つけることができるようになり、快適なショッピング体験が可能となります。
 イーベイ・ジャパン株式会社(東京渋谷区、代表取締役社長:佐藤 丈彦)は、この新たなAPIにより、国内企業の越境ECを推進し、ビジネス拡大や新たな販路開拓のサポート拡充を図ります。

 先日、米国カリフォルニア州サンノゼのeBay本社で開催されたデベロッパーイベント「eBay Connect」において、Commerce APIを発表しました。これはeBayが昨年秋に公開した10のAPIに続くものとなっています。
 eBayのデベロッパーエコシステム・サービス担当シニアディレクターのGail Frederickは以下のようにコメントしています。
 「昨年秋より、我々はプログラムに参加してくれるデベロッパーの登録数を増やしただけではなく、APIにより、eBayでの売買をより快適なものにする取り組みを促進し続けています。我々はAPIファーストという考え方を取っており、APIの開発の中心にはベロッパーがいるモデルとなっています。サードパーティデベロッパーと協働、パートナーによってAPIが作成・更新されることはeBayにとって極めて重要なことです。なぜなら我々は世界で最もパワフルな購買プラットフォーム、かつデベロッパーに愛されるプラットフォームになりたいと切望しているからです。」

【Commerce APIについて】

 Commerce APIの最初の機能はTaxonomy APIで、このAPIを使うことにより、セラーはeBayマーケットプレイスのカテゴリーを分類し、カテゴリー案を得ることができます。また、セラーは、このAPIを使って在庫整理をすることができます。バイヤーはこのAPIでブラウズし、探しているものを簡単に見つけることができるのです。
 さらに、eBayは新しい購買APIであり、製品の需要測定によりランク付けされたカテゴリー中のベストセラー商品をデベロッパーに教えるBuy Marketing APIも投入します。
 今夏、eBayの売買にかかわるAPIの機能が全世界で利用可能となります*。セラーはAPIによって容易な出品管理が可能になります。また、今回公開されるこの新しいAPIを利用し、セラーは自社や外部サイト、またはBlog上等に商品を紹介し、決済までできる仕組みを構築することが可能となります。すなわち、セラーも売り方の自由度が増しますし、バイヤーはeBayを一度も訪問することなく買い物をすることができるになります。
* セレクトマーケットプレイスで利用可能

【すでに公開している売買にかかわるAPI】

• Browse API – より多くのフィルターを提供することにより、バイヤーによる検索機能を向上させます。

• Inventory API – セラーの出品に対してリテイル標準の在庫モデルを提供する移行ツールです。

• Sell Marketing API – デベロッパーがカテゴリーやその他の条件を使って在庫を選択することができる、プロモーションマネージャー向け機能です。セラーがAPIを使ってプロモーションの成果レポートを出すことができる新しいレポート機能もあります。

• Sell Marketing API – デベロッパーがプロモーションした出品の非同期の成果レポートを出すことができる、Promoted Listings向け機能です。

 APIの最新機能はeBay Developer Portalで確認することができます。ポータルでは、最新のRESTful APIのAPI利用レポート、APIドキュメンテーションのモダンなレイアウトを追加し、RESTful APIs向けのOpenAPI仕様を提供しています。これにより、デベロッパーは40以上のプログラミング言語でクライアントSDKを作成することができます。
eBay Developer Portalはこちらをご覧ください。: https://go.developer.ebay.com/

【一目でわかるeBayのAPI】

■ 2017年第1四半期終了時点で、eBayデベロッパープログラムは190のマーケットで362,000人の登録ユーザーを持つ。eBayに参加し、Sell and Buy APIを利用しているパートナーにはChairish、Snupps、WineDirect、SHIFTMobilityがある。

■一般公開されているeBayの販売APIの利用規模
• 8億品以上の新規出品を作成
• 上記数字の約4倍を管理
• 世界で42億ドル以上の総流通額を達成
• 3Pアプリケーション向けTrading APIのコ2017年第1四半期ール数: 460億
• eBayアプリケーション向けTrading APIのコール数(3Pを除く): 1,060億
• eBayデベロッパープログラムの登録メンバーは362,000人
■ 2016年第4四半期と2017年第1四半期において、一般公開されているeBayのAPIの利用規模
• 購買額は1,790万ドルを記録
• トランザクション数237,000
** 2017年第2四半期にアナウンス

【 eBay Inc.およびイーベイ・ジャパンについて 】

http://www.ebay.co.jp/
eBay Inc.(米国NASDAQ上場、ティッカーシンボル:EBAY)は、世界中から1億6,900万人ものバイヤー(買い手)が集まる世界最大規模のオンライン・マーケットプレイス「eBay」などを運営する、世界をリードするコマース企業です。1995年に米国カリフォルニア州サンノゼで創業され、ひとりひとりがそれぞれのパーフェクトを見つけられる場所として、世界中の買い手と売り手を結びつけています。2016年の取引高は840億ドル(約10兆円※)となり、常時11億商品が世界中から出品されています。日本法人であるイーベイ・ジャパン株式会社(所在地:東京都渋谷区、代表取締役社長:佐藤丈彦)は、海外での販路開拓や売上拡大をめざす日本国内の法人企業をサポートしています。
※ 2016年末の為替レート(1ドル=117円)で換算。

越境ECサイト制作サービスを見てみる

<関連>

Favicon訪日ラボ

 

eBay 日本の伝統工芸品の魅力を伝える越境ECプロジェクト「Born in Kyoto」始動:インバウンド需要の越境ECへの転換が狙い

2010年、経済産業省に「クール・ジャパン室」がことにより「クール・ジャパン」という言葉が公的な用語として使われるようになりました。「クール・ジャパン」といえば、日本発のアニメ・漫画・ティーンエイジャー文化などのポップカルチャーが筆頭ですが、政府としては日本の伝統的工芸品も「クール・ジャパン」として売り出したい模様です(詳しくは以下を参照)。[blogcardurl=https://honichi.com/the-cool-japan]世界最大手ECプラットフォーム「eBay...

Favicon訪日ラボ

 

2019年には8兆円市場に 富士経済、中国越境ECの市場規模予測 3年で規模倍増と予想

市場調査などを手掛ける企業・富士経済が平成29年(2017年)2月9日、中国向け越境EC市場に関する予測を発表しました。2019年には中国の越境EC市場は約8兆円にまで拡大し、国籍別に見るとそのうち日本が約2兆に上るとしています。インターネットが普及し国際的に広く使われるようになったことで、盛り上がりを見せている越境EC。インバウンド観光関連事業とは直接的な関わりはないものの、インバウンドビジネスにおいては「帰国後に日本を楽しんでもらうためのツール」「日本を知ってもらうためのツール」つ...

Favicon訪日ラボ

 

越境ECでの商品発送はどうすべきか 郵便、ヤマト、佐川のサービスを比較

越境ECで日本から海外に商品を国際配送する際に使えるサービスにはどのようなものがあるのでしょうか?日本郵便、ヤマト運輸、佐川急便のサービスをそれぞれ比較してみましょう。なお、今回の比較は日本からの直送モデルの比較となり、中国向けの保税区を利用した保税区モデルは含んでいません。 日本郵便日本郵便日本郵便で越境ECに使えるサービスとなると、何と言ってもEMSです。最近は小型荷物であればEMSよりもお得に配送可能な国際eパケットライトなども登場しています。EMS世...

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客のインバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!