全国の優良ゲストハウスに滞在する訪日外国人旅行者を対象にしたリサーチサービス『TABIにデータ』提供開始

公開日:2017年07月19日

~旅行リテラシーが高い訪日FITの「今」を可視化し、訪日インバウンドの動向を高精度で予測する~

[株式会社カンバイ]

国内各エリアTOPクラスの優良ゲストハウスとともに訪日インバウンドマーケティングサービスを展開する株式会社カンバイ(代表取締役:丸山高範、本社:東京都港区、以下カンバイ)は、世界各国の様々なデータ収集に特化したITソリューションを提供するSyno International(本社:リトアニア、CEO:Renata Sevcoviene)の日本支社、Syno Japan株式会社(本社:東京渋谷区、代表取締役:長野草児、以下シノ・ジャパン)と協業し、提携ゲストハウスに滞在中の訪日外国人旅行者にリサーチ可能な「TABIにデータ」の提供を開始します。

国内各エリアTOPクラスの優良ゲストハウス(ホステル)には、宿泊客や施設スタッフとの出会いや交流を求めて世界各地から訪日外国人旅行者が日々訪れ、濃密な情報交換・発信の「場」として強い存在感を示しています。

それらの施設に滞在する旅行および情報リテラシーの高い訪日FITのリアルな実態を正確かつ継続的に把握することは、訪日インバウンドマーケティングの打ち手を探る上で非常に有効と考えられており、高いニーズこそあったものの、そのための有力な手段は驚くほど少ないのが実情でした。

こうした現状を受け、「素晴ラT広告」等の展開で既に優良ゲストハウスと提携しているカンバイがシノ・ジャパンと協業することで、当該施設に滞在中の外国人宿泊客に対してシステム化された高品質なリサーチが実施可能な「TABIにデータ」を提供するに至りました。

「TABIにデータ」はこれまでのビッグデータ系解析ツール等では得られなかった、アンケート系データの回収に強みを持ちます。サンプル回収の仕組みがスマートフォンやタブレット端末の回答画面経由となるため、例えば、訪日外国人向け商品のパッケージ画像や観光客誘致動画の評価等も簡単に行うことができます。

更に、スポット的にインサイトを取得する従来的なリサーチサービスにとどまらず、専用のリサーチパネルを構築しデータベース化していくことによって、パネラーに対して継続的に様々なアプローチが可能となります。

◆ 「TABIにデータ」の特長

  1. 優良ゲストハウスに滞在する旅行および情報リテラシーの高い訪日FITが対象 - 画像や動画の評価等も可能(スマートフォン等の回答画面経由でサンプル回収) - 専用リサーチパネル構築によりパネラーに対して継続的に様々なアプローチが可能に

◆ 費用例

  • 「100サンプルプラン」パッケージ(税別)
  • 対象者=優良ゲストハウスに滞在中の訪日外国人旅行者(FIT率100%)
  • サンプル数=100
  • 本調査=10問
  • 翻訳費用=込み(英語・簡体字・繁体字・韓国語・タイ語 セット)
  • 納品物=単純集計(GT)表、ローデータ
  • キャンペーン価格= 30万円(先着5社) ※定価=75万円

以 上

◆ カンバイについて

人口減少時代を迎えた日本において、訪日インバウンドマーケティングの切り口で地方創生に貢献していきます。その柱の一つとして、提携先である国内各エリアTOPクラスの優良ゲストハウスを訪日インバウンドマーケティングの拠点と捉え、各社とともに様々なサービスを展開していきます。「TABIにデータ」は、2017年2月にスタートした新発想のTシャツ媒体「素晴ラT広告」に続く、自社サービス第二弾となります。

会社名:株式会社カンバイ
代表者:代表取締役 丸山 高範/Takanori Maruyama
所在地:〒107-0052 東京都港区赤坂2-16-6 BIZMARKS 赤坂
設 立:2016年8月
URL:http://kanbai.jp/

◆ Syno Japanについて

【Synopticom=未知を予測する】を語源とするリトアニア発のSyno Internationalは、国、業種、会社規模を問わず、 グローバルの全ての人が、日々のビジネスの課題を解決し、「未知を予測する」ために必要となるあらゆるデータを、簡単かつタイムリーに収集することを目的とした、独自のITソリューションを提供することを企業理念とし、現在本社のリトアニア、および日本を拠点に展開しています。

【日本支社】

会社名:Syno Japan株式会社
代表者:代表取締役 長野 草児/Soji Nagano
所在地:〒150-0001 東京都渋谷区神宮前5-36-2 パンプアップ第二ビル 301号
設 立:2016年1月
URL:http://synojapan.com/

<関連>

【すべて無料】インバウンド観光データ資料が閲覧・DLできるサイトまとめ8選

こんにちは、外部ライターの永田優介です。このたび、『訪日ラボ』に寄稿させてもらうことになりました。さて、東京五輪に向けて「インバウンド」「訪日観光客」といった言葉を耳にする機会が増えましたよね。観光業に関わる方だけでなく、小売業などに関わる方々にとっても、インバウンド観光の動向はチェックしたいところ。しかし、インバウンド観光データはどこでチェックすればいいの?という方も多いのではないでしょうか?そこで今回、インバウンド観光データを無料で閲覧・ダウンロードできるサイトをまとめてみました。イン...

国交省、訪日外国人観光客の「動き」が可視化できる「FFデータ」発表 国籍、利用機関、周遊ルートなどの分析に対応

国土交通省は平成29年(2017年)1月10日、訪日外国人観光客の国内流動について詳細な分析ができる「FFデータ(Flow of Foreigners-Data/訪日外国人流動データ)」を公開しました。これまでにも秋期1週間に限って作成していた「訪日外国人流動表」を拡充し、四半期、年間での流動量の分析を行うことができるもの。今回は、この「訪日外国人流動データ」がどのように活用できるのかを見ていきましょう。 目次訪日外国人観光客の動向が可視化できる「訪日外国人流動データ」制作できる資料例:流...

ソーシャルビッグデータを活用した、全国インバウンド観光調査を実施

―Twitter全量データとWeiboデータを活用した外国人観光客の動態と嗜好性の調査―[東京海上日動火災保険株式会社]東京海上日動火災保険株式会社(社長 北沢 利文、以下「当社」)は、ソーシャルビッグデータ解析をもとに地方創生に寄与するインバウンド観光促進のための全国調査を実施いたしました。なお、調査結果の概要については、地方自治体の観光政策や、事業者の方々のインバウンド施策の立案に活用いただくことを目的に、地方自治体やインバウンド事業者などに提供いたします。目次1.調査目的・意図2. ...

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客のインバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!