ムスリム向けレストラン検索サイト「ハラルグルメジャパン」との公式連携開始、エンドユーザーの利便性を向上するとともに、レストランの予約管理の効率アップやインバウンド獲得に貢献

公開日:2017年09月28日

越境飲食店ネット予約・顧客管理システム「TableSolution(テーブルソリューション)」

[株式会社VESPER]

越境飲食店ネット予約・顧客管理システム「TableSolution(以下、テーブルソリューション)」を提供する、株式会社VESPER(本社:東京都中央区、代表取締役:谷口 優、以下:べスパー)は、ハラールメディアジャパン株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役:守護 彰浩、以下:ハラールメディアジャパン)が⼿掛けるムスリム向けレストラン検索サイト「ハラルグルメジャパン」との公式連携を開始したことをお知らせいたします。

今回の連携は、ムスリム向けレストラン検索サイト「ハラルグルメジャパン」に掲載され、テーブルソリューションを利用中の店舗が対象となります。ユーザーが「ハラルグルメジャパン」のページ内で予約ボタンを押すと、テーブルソリューションとリアルタイムで空席情報を連携している自社ネット予約ページ「TableCheck(以下、テーブルチェック)」にダイレクトに遷移し、即時予約が可能となります。店舗側では、これまでのオペレーションを変えることなく、「ハラルグルメジャパン」経由の予約に自動で席を割り当てることができ、電話予約への対応にかかる時間が大幅に削減できます。さらに、インドネシア語やマレーシア語を含む13ヵ国語に言語対応したテーブルチェックで即時予約を受け付けることで、通常外国人ゲストからの予約で課題となる“言語の壁”も解決することができ、より積極的な在日ムスリムや訪日ムスリム観光客の獲得を実現することができます。

◆ハラルグルメジャパンとの連携について

 2014年7月にサービスを開始した「ハラルグルメジャパン」は、日本国内全域のムスリム向けレストランが検索できるサービスで、日本No.1の店舗掲載数を誇っています(2017年9月現在で785店舗)。日本語および英語に対応しているため、在日ムスリムはもちろんのこと、訪日ムスリム観光客やムスリムの方をアテンドされる日本人などにも活用されています。
 これまでは検索に特化したサイトでしたが、近年急増する「ハラル対応」の需要を鑑み、9月26日のバージョンアップに伴いテーブルチェックと接続を行うことで、“ネット即時予約機能”と“クレジットカード決済機能”を拡充する運びとなりました。

 世界におけるムスリム人口は2010年に16億人を超え、2030年には世界人口の26.4%を占める22億人に達すると推計されています※1。また、インドネシアやマレーシアなど、イスラム教を主要な宗教とする国からの訪日者数は2016年には100万人を超え、2014年の54万人から僅か2年で倍増しており、今後も拡大が予想されます※2。それら訪日者のうち、7割以上を航空券や宿泊を個別に手配する「個人旅行」が占めており※3、“食”に関する「検索」や「予約」の利便性向上が求められるようになってきています。こうした背景を踏まえ、需要の高まる「ハラル対応」において、お店とゲストをより円滑に結ぶ仕組みを提供するべく、ハラールメディアジャパンとの公式連携へと踏み切りました。

 今後もベスパーは、グローバルメディアや多言語対応に注力した飲食サイトと連携を強化することで、予約管理における“言語”や“時差”のハードルを取り払い、国内飲食店における外国人ゲストや訪日外国旅行客(インバウンド)の獲得を支援してまいります。

※1:Pew Research Center調べ(2011)
※2:ハラールメディアジャパン調べ(2016)、Frembassy「統計でみるインバウンド」(2015)
※3:観光庁訪日外国人消費動向調査」平成27年年次報告書

■「ハラルグルメジャパン」とは■

 日本を訪れるムスリムの方や、日本に住むムスリムの方からは、食事に対する不安の声が多くきかれます。ハラルグルメジャパンはその不安を少しでも取り除き、ムスリムも安心して食事を楽しんでもらえるように、レストランや食料品店の情報を提供しています。  日本にお越しいただいた方々には、移ろいゆく四季の自然を眺め、美味しい食事を味わい、おもてなしの心に触れて、この国を好きになってもらえたら嬉しいです。ムスリムにも安心してお食事を楽しんでもらいたい、という想いのあるお店の情報を今後もさらに拡充させてまいります。

■会社概要:ハラールメディアジャパン株式会社■

代表者:守護 彰浩
所在地:東京都渋谷区東3-15-12 第2アワヤビル 3階
設立年月:2014 年 9月
資本金:900万円
事業内容:HALAL MEDIA JAPAN,HALAL GOURMET JAPANの運営、HALAL EXPO JAPANの企画・運営、ムスリムおもてなしMAPの制作、セミナー・講演の実施
URL:https://www.halalgourmet.jp/

■株式会ベスパーについて■

  「最高のレストラン体験を実現するためのプラットフォームを創る」ことを目的とし、越境飲食店ネット予約・顧客管理システム「テーブルソリューション」を開発、世界中に提供しています。社内共通語は英語、世界各国から優秀なメンバーが集まり(2017年9月15日現在、12ヵ国)、業界のイノベーターとして常にマーケットをリードしています。クライアントには、世界中に展開する大手グローバルホテルチェーンや有名星付きレストラン、老舗割烹や複数店舗展開をする人気飲食店など、厳しい水準と高い信頼性を求める一流の飲食企業・レストランを抱え、日本国内のみならず世界を舞台にグローバルな事業展開を進めてまいります。

■会社概要:株式会社VESPER■

代表者:谷口 優
所在地:東京都中央区銀座2-14-5 第27中央ビル4F
設立年月:2011年3月
資本金:3億2151万8110円(資本準備金を含む)
事業内容:レストラン・飲食店の予約・顧客管理、ネット予約の一元管理・在庫管理、 集客ソリューションなどトータルマネジメントを実現するクラウドサービス「TableSolution」の開発・提供。
URL: http://www.kkvesper.jp/
TableSolution: https://www.tablesolution.com/
TableCheck: https://www.tablecheck.com/

VESPERのサービスについてより詳しい資料のダウンロードはこちら

「TableSolution」の資料をDLして詳しく見てみる

「TableCheck」の資料をDLして詳しく見てみる

<関連>

[飲食店向け]インバウンド誘客で心配な無断キャンセルを防止!予約管理と集客を同時に実現できる飲食店向け予約システム「Table

日本政府観光局(JNTO)の情報によると、2016年に日本を訪れた訪日外国人観光客の数は、2403万9千人となっています。訪日外国人観光客が訪日旅行中にもっとも楽しみにしていることとして、頻繁に回答に上がるものが「日本食を楽しむこと」です。 日本食・和食は世界遺産にも登録され、世界的に関心が高まっています。このような背景から、日本国内の飲食店にとって、訪日外国人観光客をいかに集客してくかがこれからの課題になってきます。飲食店が訪日外国人観光客を呼び込みたい場合、どのような方法が有効なのでし...

飲食店のインバウンド集客を支える決済機能付き予約ポータルサイト「TableCheck」とは

観光庁が発表する「訪日外国人消費動向調査(2016年)」によれば、訪日前に期待していたこととして71.2%(複数回答)の訪日外国人観光客が、また、訪日前に最も期待していたこととして26.0%(単一回答)が、「日本食を食べること」をあげています。つまり、訪日客の4人に3人が訪日旅行における日本食に少なからず期待をしており、さらに4人に1人は、もっとも日本食に期待しており、日本食や日本の飲食店は、実はインバウンド市場における最重要ポイントだとも言えます。しかしながら、現在日本の飲食店はインバウ...

「ローカルハラル」「ムスリムフレンドリー」ってなに? ムスリム対応の前に抑えておきたいハラルの考え方

経済発展が著しく、増加が見込まれる東南アジアからの訪日外国人観光客。厳しい食事制限のあるイスラム教徒が多いことから、その対応のためにはハラル認証が必要だと言われています。ODAなどにより途上国支援を行う日本は、イスラム圏の国々からポジティブに捉えられていると言われていますが、残念ながら、イスラムの教えを理解し配慮を行う飲食店などが少なく、旅行しにくいの現状です。他の事業者に先んじてイスラム教徒が利用しやすい環境づくりを行えば、大きなビジネスチャンスになるのではないでしょうか。しかし、その一...

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客のインバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!