海外からも新幹線の切符の購入がアプリから可能に 東海道・山陽新幹線が2017年10月30日より発売開始

新幹線を利用する際には駅で切符を購入する方法が一般的でしたが、東海道・山陽新幹線では、2017年(平成29年)9月30日より「ネット予約/チケットレス」の乗車サービスである 「スマートEX」 を開始しました。利用に当たっての年会費などは不要で、ネット予約した新幹線にチケットレスで乗車出来る こと特徴です。観光客にとって非常に嬉しいサービスとなっていますが、この度、訪日外国人向けにも同様のサービスを提供 する事が決まり、10月30日より「スマートEX」の海外版である 「Tokaido Sanyo Shinkansen Internet Reservation Service」 の販売が開始されます。ますます便利になる新幹線のネット予約サービスについて詳しく見ていきましょう。

インバウンド受け入れ環境整備についてより詳しい資料のダウンロードはこちら

スマートEXとはどのようなサービスなのか?

東海道・山陽新幹線のネット予約サービスとして、平成29年9月30日より販売が開始された 「スマートEX」 は東海旅客鉄道株式会社、西日本旅客鉄道株式会社が発売しているサービスです。ネット予約サービスとしては「エクスプレス予約」が既に存在していましたが、専用のICカードの発行、年会費(税込み1,080円)が必要な「エクスプレス予約」に対して、「スマートEX」の場合は、クレジットカード、交通系ICカードの情報で登録を行ない、スマートフォンやPCから予約を行った後、登録時に使用したICカードだけで乗車が可能 です。


従来のように 印刷された乗車券等が不要 、また専用のICカードが必要な「エクスプレス予約」と異なり、在来線との乗換もICカード1枚で行える などのメリットがあります。月額利用料金などはかかりませんが、1年を通じて会員価格で利用が可能な「エクスプレス予約」と比較して、駅窓口と販売価格はほぼ同額となっています。

英語版スマートEX「Tokaido Sanyo Shinkansen Internet Reservation Service」とはどのようなサービスなのか?

2017年(平成29年)9月30日より販売されている「スマートEX」から遅れること1ヶ月。英語版のスマートEXと言える 「Tokaido Sanyo Shinkansen Internet Reservation Service」 が10月30日より販売されます。こちらは基本的には「スマートEX」と同様のサービスとなり、専用のスマートフォンアプリを使用することで、東海道・山陽新幹線のネット予約が海外からも可能となる ものです。対応言語は 英語 となっており、まずは アメリカ、オーストラリア、シンガポール、香港 向けにリリースされ、この後その他の国と地域にも対象を拡大していくとのこと。

日本版「スマートEX」と異なるところは、登録時はクレジットカードの登録のみとなり、出国前に新幹線の予約と決済が完了します。訪日後に乗車する際は、新幹線駅の専用の発券機や券売機で、登録時に使用したクレジットカードを用いて切符を受け取る方法、乗車前に別途用意が必要な交通系ICカードを登録して、このICカードで乗車する方法の2通りがあります。

まとめ:交通・鉄道でも進むインバウンド対策 訪日外国人の交通系ICカードの利用促進に繋げる事が出来るか

日本人にとっては、交通系ICカードはコンビニ、スーパー、家電量販店、駅ナカの各店舗で使用出来るということは一般的ですが、JR系列のホテルでも使用出来ることなどはあまり知られていません。日本旅行の際に交通系ICカードを作成すると便利だということを知っている外国人観光客は多いですが、こうした店舗やホテルでも使用出来る事を知っている訪日外国人は、やはり多くありません。

クレジットカード+交通系ICカードの組み合わせで利用可能な「Tokaido Sanyo Shinkansen Internet Reservation Service」が今後どのような展開をしていくかにもよりますが、アプリ内で「こうしたお店でも使える」といった周知、「ICカードで決済すると◯◯円お得!」などのキャンペーンを展開していくということなどが出来れば、「公共交通機関からショッピングまで1枚のICカードで日本観光」といったスマートな日本観光を打ち出す事が出来るかもしれません。

インバウンド受け入れ環境整備についてより詳しい資料のダウンロードはこちら

「翻訳・多言語化」の資料をDLして詳しく見てみる

「多言語サイト制作」の資料をDLして詳しく見てみる

バーコードやQRコードを活用した多言語ソリューション「多言語化表示サービス」の資料をDLして詳しく見てみる

お手軽に通訳対応できる「テレビ電話型通訳サービス」の資料をDLして詳しく見てみる

<参考>

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客のインバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!