ドン・キホーテ新業態「タイ1号店」出店決定!~タイでの商業施設開発に関するお知らせ~

ドン・キホーテ新業態「タイ1号店」出店決定!~タイでの商業施設開発に関するお知らせ~

[株式会社ドンキホーテホールディングス]

ドン・キホーテグループの海外事業持株会社Pan Pacific International Holdings Pte. Ltd.(本社:シンガポール)、タイ国内最大手塗料メーカーグループのTOA Venture Holding Co., Ltd.(本社:タイ)、高品質な駐車場サービスを提供する日本駐車場開発株式会社(本社:大阪府大阪市)のタイ法人Nippon Parking Development (Thailand) Co., Ltd. (本社:タイ)の3社は、合弁会社を設立し、タイバンコクのトンロー・エカマイエリアにおける商業施設開発を開始しましたのでお知らせします。

ドン・キホーテは、多様な品揃えや深夜営業といった店舗コンセプトはもとより、お買い物体験が「コト消費」を具現化するスポットとして訪日客から厚い支持をいただいており、その中でもタイからのお客さまは近年存在感を高めています。

TOAグループの旧社屋跡地を再開発するこの度の出店予定地は、経済発展の見込まれるバンコクの中でも、日本人駐在員の居住地に隣接し、感度の高いビジネスマン、若者が集まる非常に高いポテンシャルを持ったエリアです。

当該商業施設は、2017年12月に開店予定のシンガポールに次ぐ、東南アジアにおける2ヵ国目の出店となるドン・キホーテグループ新業態「DON DON DONKI(ドンドンドンキ)」を中核テナントとして、3社のグループが持つ商業施設開発及び運営、商業施設付帯大型駐車場開発のノウハウやタイにおける知見を集結し、日本クオリティの商品やサービスにこだわったオンリーワンの商業施設を創造します。

開店日や施設及び店舗、テナントの詳細につきましては、改めてご案内申し上げます。

■商業施設概要(予定)

名称 DONKI Mall Thonglor(仮称)
所在地 07 Sukhumvit 63, Klongton Nuea, Wattana, Bangkok, Thailand
建物構造 地下3階(駐車場)、地上1階~地上6階(商業エリア)
延床面積 26,770㎡
テナント構成(予定) DON DON DONKI(1階~2階)、有名キャラクターパーク(5階)室内スポーツエンターテインメント施設(5階~6階)、飲食店(多数)

施設イメージ

施設イメージ

周辺地図

周辺地図

■合弁会社概要①
社名 TOA-PPIH Co., Ltd.
事業概要 ビル保有
代表者 Nattavuth Tangkaravakoon(TOA Venture Holding Co., Ltd. 社長)
所在地 107 Sukhumvit 63, Klongton Nuea, Wattana, Bangkok, Thailand
出資比率 Pan Pacific International Holdings Pte. Ltd. 47.5%
TOA Venture Holding Co., Ltd. 47.5%
Nippon Parking Development (Thailand) Co., Ltd. 5.0%

■合弁会社概要②
社名 JCE-TOA Co., Ltd.
事業概要 商業施設運営
代表者 大原孝治(株式会社ドンキホーテホールディングス代表取締役社長兼CEO)
所在地 107 Sukhumvit 63, Klongton Nuea, Wattana, Bangkok, Thailand
出資比率 Pan Pacific International Holdings Pte. Ltd. 49.0%
TOA Venture Holding Co., Ltd. 40.0%
PPI(Thailand) Co., Ltd. 11.0%

■テナント出店希望者様ご連絡先:
+66-2-335-5535、+66-61-012-9911(タイ語、日本語)【E-mail】info@jce-toa.co.th

訪日タイ人向けオススメインバウンド対策についてより詳しい資料のダウンロードはこちら

ネット上でまずは知ってもらうために「広告プロモーション(タイ向け)」の資料をDLして詳しく見てみる

メディアを活用して情報発信!「訪日タイ人向けメディア」の資料をDLして詳しく見てみる

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客のインバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!