観光庁 2018年1月、2月の宿泊旅行統計調査を発表:外国人延べ宿泊者数は627万人泊で最高値を記録 都市部はマイナス成長で地方誘致が進んでいることが伺える結果に

観光庁 2018年1月、2月の宿泊旅行統計調査を発表:外国人延べ宿泊者数は627万人泊で最高値を記録 都市部はマイナス成長で地方誘致が進んでいることが伺える結果に

観光庁はこのほど、2018年1月、2月の 宿泊旅行統計調査 を発表しました。この内容によると、2018年の1月、2月の延べ宿泊者数はほぼ例年どおりながら、外国人延べ宿泊者数は、2月に前年同月と比べて大きく上回る成長を見せています。詳しく見ていきましょう。

ホテルや旅館にオススメのインバウンド対策について より詳しい資料のダウンロードはこちら

全体の延べ宿泊者数は1月は3,573万人泊となり前年同月から僅かに減少、2月は前年同月比+2.8%の成長

観光庁は3月30日に、平成30年1月、2月の速報値として宿泊旅行統計調査を発表しました。これによると、30年1月の延べ宿泊者数(全体)は3,573万人泊となり、前年同月比-1.0%、2月の延べ宿泊者数(全体)は3,686万人泊で、前年同月比+2.8% となりました。

観光庁 宿泊旅行統計調査より
観光庁 宿泊旅行統計調査より
観光庁 宿泊旅行統計調査より
観光庁 宿泊旅行統計調査より

都道府県別延べ宿泊者数トップは東京都

平成30年1月の都道府県別延べ宿泊者数の中では、東京都が425万泊でトップ、299万泊で北海道、263万泊で大阪 が続きました。その他に千葉県、静岡県、長野県なども多くの宿泊者が宿泊していますが、上位3都道府だけで全体の28%近くを占めていることになります。

また、青森県の延べ宿泊者数は349,140人となり、前年同月比で+33.8%と大きく増加 。その他にも 静岡県は1,635,160人と前年同月比+13.4%、三重県は674,900人で前年同月比+14.2%、香川県が258,370人と前年同月比+22.7%と2桁の増加 となりました。

観光庁 宿泊旅行統計調査より
観光庁 宿泊旅行統計調査より

外国人延べ宿泊者数は1月としては過去最高

平成30年1月の外国人延べ宿泊者数は、627万人泊となり、この調査を開始した平成19年同時期と比較して約4倍 となりました。また、627万泊という数値は、調査開始以来最高値 となっています。

都道府県別に見ていくと 東京は前年同月比で-4.9%、大阪府で+13.6%となるなど、東京、神奈川、千葉、埼玉、愛知、大阪、京都、兵庫の3大都市圏では前年同月比-2.4% となりました。一方の 地方部では東北地方などを中心に伸び、地方部全体では前年同月比+5.4% となりました。

観光庁 宿泊旅行統計調査より
観光庁 宿泊旅行統計調査より
観光庁 宿泊旅行統計調査より
観光庁 宿泊旅行統計調査より

国籍別外国人延べ宿泊者数では中国がトップ

平成30年1月の国籍別外国人延べ宿泊者数では、1位が中国で141万泊、全体では24.5% となりました。2位は韓国で123万泊、全体では21.5% となっています。なお、韓国は前年同月比+25.1%と大きく伸びしました。

3位は台湾で80万泊、全体では14% となりました。4位香港、5位アメリカと続き、上位5ヵ国・地域で全体の72.7%を占める結果となりました。6位のオーストラリアは26万泊と前年同月比で11.4%の伸び、7位のタイは22万泊で前年同月比10%の伸び 、また、インドネシアは9万6000泊ですが、前年同月比23.7% と大きく伸びています。

観光庁 宿泊旅行統計調査より
観光庁 宿泊旅行統計調査より

宿泊施設タイプ別客室稼働率推移表

宿泊施設タイプごとに客室稼働率を見ていくと、平成30年1月の全体の 客室稼働率は52.1% で、これは前年同月比で-0.3%となっています。宿泊施設の中では シティホテルの稼働率が最も高く69.4%、ビジネスホテルも65.2% となっています。また、都道府県別に見ると 東京都、大阪府の客室稼働率が70%を超えています。

観光庁 宿泊旅行統計調査より
観光庁 宿泊旅行統計調査より

まとめ:外国人延べ宿泊者数は増加しているが、さらなる地方部への呼び込みが課題

国内全体で見ると30年1月の3大都市圏の外国人延べ宿泊数は僅かに減少していますが、その代わりに地方部が好調です。地方部ではさらなる認知の向上、2次交通の整備などを通じて、2020年に向けてより多くの訪日外国人を呼び込んでいく、そのための整備を進めることが求められます。

Favicon訪日ラボ

 

地方創生の成功に絶対に必要なもの それは「二次交通」の充実:そもそもなぜインバウンドの地方誘致で二次交通が重要なのか?

2020年に東京オリンピック・パラリンピックが開催され、これを機に多くの訪日外国人が日本を訪れることが期待されており、政府も訪日外国人旅行者4000万人を目標としているのはご存知の通りです。また、将来的に現在のゴールデンルート中心の観光から、地方部へも多くの訪日外国人を呼び込んで地方創生を行うことが必要だと考えられており、これについては国土交通省も様々な形で「魅力ある観光地域づくり」を進めています。[blogcardurl=https://honichi.com/news/2017...

インバウンド市場や各国の訪日外国人に関する調査やもっと詳しいインバウンドデータ知るには?

訪日ラボがまとめた「インバウンドデータレポート」を詳しく見てみる

「調査・リサーチ」の資料を無料でダウンロードする

「インバウンドデータ」の資料を無料でダウンロードする

<参考>

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客のインバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!