JALABC・Airporter提携/「荷物集荷」で空港利用者すべてのニーズに対応

JALABC・Airporter提携/「荷物集荷」で空港利用者すべてのニーズに対応

荷物配送業2社が業務提携

株式会社JALABCと株式会社Airporterは7月30日、業務提供を行ったことを公表しました。荷物の配送分野で日本人と訪日客、それぞれのニーズを満たすことができるサービスです。

JALABC × Airporter

JALABC × Airporter

予約・受け取りは手間いらず

今回、日本人をターゲットに前日までの宅配事業を行っているJALABCと、当日配送を専門に扱うAirporterが手を組み、「インバウンド客向けの宿泊施設から空港への配送分野」において業務提携をしたと発表しています。

利用は、Airporterから予約するとスマホに取引番号が記載された「予約メール」が届きます。荷物を引き出すときはJALABCのカウンターでメールを提示するのみ。照会して荷物の引き換えが行える仕組みです。

日本人向け・インバウンド向け

訪日外国人にとっては、複雑な日本の電車の乗り換えなどに対応できず、定刻に到着できないためストレスを感じる人は少なくありません。これまで指定時間に対面で行っていたAirporterの手荷物受け取りですが、新しいシステムにより時間を短縮できるようになります。

一方JALABCはこれまで、日本人合わせて「前日までの集荷」を行ってきましたが、当日まで荷造りをしたい訪日外国人のニーズには合いませんでした。

今回の提携により、国内外の顧客それぞれ異なるニーズを満たすことができるようになり、空港利用者すべての利便性が向上するとしています。

(画像はプレスリリースより)

顧客満足度を上げる!旅ナカに有効なインバウンド対応を資料で詳しくみてみる

「翻訳・多言語化」を資料で詳しくみてみる

「多言語化表示サービス」を資料で詳しくみてみる

「テレビ電話型通訳サービス」を資料で詳しくみてみる

「バイリンガル採用・派遣」を資料で詳しくみてみる

▼外部リンク

株式会社Airporterのプレスリリース(PRTIMES)
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000004.000031032.html

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客のインバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!