「モバイル決済 for Airレジ」が「WeChat Pay」の取り扱いを開始

「モバイル決済 for Airレジ」が「WeChat Pay」の取り扱いを開始

訪日客の決済にまつわる不便を解消

株式会社リクルートライフスタイルが運営する「モバイル決済 for Airレジ」は、騰訊控股有限公司(以下、テンセント)が提供する「WeChat Pay」の取り扱いを開始し、「モバイル決済 for Airレジ」のウェブサイトにて、オンライン申し込みの受け付けをスタートしました。

「モバイル決済 for Airレジ」は、顧客が提示する決済サービスのQRコード(R)を読み込むだけで決済が完了する「モバイルペイメントサービス」です。一方、「WeChat Pay」は、テンセントが運営するコミュニケーションアプリ「WeChat(微信)」内で提供されている決済サービスで、ユーザーは8億人超といわれています。

モバイル決済 for Airレジ
モバイル決済 for Airレジ

時代とともに変化する決済事情に対応

これまで、同社は、中国のモバイル決済アプリ「支付宝(アリペイ)」、コミュニケーションアプリ「LINE」上で展開する「LINE Pay」などの取り扱いを行ってきました。

今回、同社が「WeChat Pay」の取り扱いを開始したことは、訪日中国人旅行客の決済利便性ならびに加盟店の売り上げ向上に貢献するものと位置付けられています。

なお、店舗側では、iPadまたはiPhoneを1台とインターネット環境を用意するだけ。初期費用は不要です。

今後、QR決済を含む様々な決済手段の多様化が加速することが予想されます。同社では、顧客ニーズに即対応する環境を、積極的に構築し、ユーザーおよび店舗側双方に貢献していく考えです。

(画像はプレスリリースより)

インバウンド最大の中国市場は「旅マエ」にアプローチするのが重要!おすすめのインバウンド対策を資料で詳しくみてみる

「中国向けインフルエンサープロモーション」を資料で詳しくみてみる

「中国向け広告運用」サービスを資料で詳しくみてみる

「Wechatを活用したプロモーション」を資料で詳しくみてみる

「Weiboを活用したプロモーション」を資料で詳しくみてみる

▼外部リンク

株式会社リクルートライフスタイル プレスリリース
https://www.recruit-lifestyle.co.jp/

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客のインバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!