5つ星バジェットホテルが2020年夏、広島に誕生:近年のアジア圏インバウンドからの人気に注目

5つ星バジェットホテルが2020年夏、広島に誕生:近年のアジア圏インバウンドからの人気に注目

広島に進出を決定

株式会社レッド・プラネット・ジャパンは、広島市中心地の賑わいの一角にある流川町地区にホテル用地を確保し、2020年夏の開業を目指すことを決めました。

開業するホテルは、160の客室を備えた5つ星バジェットホテルです。同社にとって、日本における7棟目となるホテルであると同時に、広島では初となるホテルとなりました。

5つ星バジェットホテル

5つ星バジェットホテル

広島はアジアで大人気

広島は、アジアの観光客にとって、西日本への主要な玄関口であるとともに、2つの世界遺産、厳島神社と広島平和記念公園を擁するほか、広島城、縮景園、ひろしま美術館などの観光名所などに恵まれた場所です。

また、アジアのミレニアム世代にとっては、広島の魅力は観光名所のみならず、グルメも高い関心事だといわれており、同社による今回の広島進出は、日本全国にてホテル・チェーンを築く上での重要な足掛かりとなりました。

同社は、2013年8月、「レッドプラネット那覇 沖縄」の開業により、日本での営業をスタート。現在、同社が日本で手掛けるホテル客室数は、704室にのぼります。

2019年には客室数212室を有するホテルを、札幌にて開業する予定であり、2020年には広島の160室も加わります。国内外を問わず、同社の事業は急速に拡大しており、今後も国内外の物件の獲得に取り組む方針です。

(画像は株式会社レッド・プラネット・ジャパンのホームページより)

ホテルや旅館にオススメのインバウンド対策について より詳しい資料のダウンロードはこちら

「翻訳業務」を資料で詳しくみてみる

「テレビ電話型通訳サービス」を資料で詳しくみてみる

「チャットボットシステム」を資料で詳しくみてみる

「インバウンド研修」を資料で詳しくみてみる

▼外部リンク

株式会社レッド・プラネット・ジャパン プレスリリース
https://s3-ap-northeast-1.amazonaws.com/

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客のインバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!