京都で観光を学ぶ!「京都観光アカデミックアライアンス」創設

公開日:2018年08月29日

京都観光の新たな主軸

京都大学経営管理大学院では、様々な機関と連携した「京都観光アカデミックアライアンス」を発足したと発表しています。創設記念として、9月9日にシンポジウムを開催する予定です。

京都観光アカデミックアライアンス

京都観光アカデミックアライアンス

お披露目シンポジウム9月9日

同機関は、観光業界の人材育成を目的に設立されたもので、京都市の後援のもと、専門学校から大学院まで様々なレベルの観光教育機関が連携しています。

現場実務から経営戦略まで、観光事業を幅広い視点でとらえた学びの場を提供していきます。

今回、お披露目シンポジウムを開催。台湾人ライターの抹茶団子氏をゲストに迎え、京都外国語大学教授、京都大学 特定准教授、京都府立大学 副学長、大和学園理事・法人事務局長などがパネルディスカッションに参加します。

最新の動向や事例を学びたい、新事業や変革を考えている観光事業の経営者、京都で観光事業を学びたい学生、または社会人学生などを対象にしています。

10月よりアイデア会議も予定

イベントは2018年9月9日(日)に行われます。定員は200名で参加費は無料、申し込み締め切りは9月6日までとなっています。

また10月より毎月1回、全員参加型のアイデア会議「観光アイデア会議」を開催する予定。詳細・申し込みなどは専用ページで確認できます。

(画像はプレスリリースより)

訪日客の地方誘致に重要なのは、まず「知ってもらうこと」。効果的なインバウンドプロモーションを資料で詳しくみてみる

「インバウンド動画プロモーション」を資料で詳しくみてみる

「インフルエンサープロモーション」を資料で詳しくみてみる

「SNSプロモーション」を資料で詳しくみてみる

「インバウンドメディア」を資料で詳しくみてみる

▼外部リンク

京都大学経営管理大学院のプレスリリース
http://www.gsm.kyoto-u.ac.jp/

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客のインバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!