小田急電鉄、中国やベトナムなど海外4拠点で観光プロモーションをスタート/箱根・江ノ島など小田急路線沿いの観光資源をPR

小田急電鉄、中国やベトナムなど海外4拠点で観光プロモーションをスタート/箱根・江ノ島など小田急路線沿いの観光資源をPR

インバウンドの誘致を強化

小田急電鉄株式会社は、9月1日(土)、小田急沿線および小田急グループ施設への誘客やPRを目的とした観光プロモーションの業務委託事務所を、海外4拠点にオープンしました。

観光プロモーション

観光プロモーション

沿線の魅力を海外で積極的にPR

これまで、小田急電鉄株式会社では、2016年9月にタイ(バンコク)、今年2月にはフランス(パリ)に駐在員事務所を開設し、観光プロモーションを行ってきました。

今回同社は、中国、台湾、ベトナム、インドネシアに、新たな拠点をオープン。海外における情報発信をさらに強化する狙いがあります。新拠点では、現地旅行代理店・メディアに向けた沿線の魅力および同社商品の情報提供などを実施する予定です。

日本政府観光局(JNTO)の調査によれば、2017年の中国、台湾、ベトナム、インドネシアからのインバウンド数は、前年比13.9%増の1,258万人にのぼりました。

一方、同社においても、2017年度の外国人向け観光案内所「小田急旅行センター」の同国・地域の利用者数は、全体の約40%を占め、増加傾向にあることが判明しています。

小田急線沿線には、新宿や箱根、江の島・鎌倉などの人気スポットが多数あり、観光資源は豊富です。同社は今後も、海外での観光プロモーションに力を注ぎ、沿線観光地の認知度向上を図るとともに、同社沿線へのインバウンドのさらなる誘致に努める方針です。

(画像はプレスリリースより)

まずは知ってもらう!旅マエに有効なインバウンド集客を資料で詳しくみてみる

「インバウンド動画プロモーション」を資料で詳しくみてみる

「SNSを活用したプロモーション」を資料で詳しくみてみる

「インフルエンサーマーケティング」を資料で詳しくみてみる

「広告プロモーション」を資料で詳しくみてみる

▼外部リンク

小田急電鉄株式会社 プレスリリース
https://www.odakyu.jp/

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客のインバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!