“和”を感じられる“粋”でモダンな空間を/阪急阪神ホテルズ、インバウンドがメインターゲットのホテルを開業へ

東アジアの旅行客がメインターゲットのホテルを福島駅近く開業

阪急阪神ホールディングスの連結子会社で、ホテルの運営を行う株式会社阪急阪神ホテルズが、訪日外国人をメインターゲットとしたホテルを、2019年5月に開業する予定であると、9月3日に発表しました。

同社が、JR大阪環状線「福島駅」から徒歩およそ3分の場所に開業予定の「ホテル阪神アネックス大阪」は、東アジア(韓国・中国)の旅行客をメインターゲットとして、客室単価を本館より2,000円から3,000円ほど安く設定することで、より多くの集客を目指します。

主要駅の「大阪駅」や「梅田駅」から1駅という場所で、ローカルな食・人・文化の体験が可能で、訪日外国人は同ホテルを宿泊地としてディープなエリアを探求できます。

ホテル阪神アネックス大阪

ホテル阪神アネックス大阪

“和”を感じられる“粋”でモダンな空間 機能性のある客室に

ホテルは、日本の伝統的な色彩や、文様を施した着物の帯生地をデザイン・アートやクッションなどに用いるなど、“和”を感じられる“粋”でモダンな空間になります。

また、客室はコンパクトでありながら、ベッド下にスーツケースを収納できるスペースや、居室内に洗面台が独立しているアウトベイシンスタイルを採用し、快適に過ごせるつくりになるとのことです。総客室数は254室で、レストラン1店舗やコインランドリー、アイロンルームなども完備する予定です。

(画像はプレスリリースより)

ホテルや旅館にオススメのインバウンド対策について より詳しい資料のダウンロードはこちら

「翻訳業務」を資料で詳しくみてみる

「テレビ電話型通訳サービス」を資料で詳しくみてみる

「チャットボットシステム」を資料で詳しくみてみる

「インバウンド研修」を資料で詳しくみてみる

▼外部リンク

株式会社阪急阪神ホテルズのプレスリリース(@Press)
https://www.atpress.ne.jp/news/165071

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客のインバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!