360株式会社 観光地の魅力を「VR」で疑似体験ができる『VRでアピール』などを「産業交流展2018」に出展

360株式会社 観光地の魅力を「VR」で疑似体験ができる『VRでアピール』などを「産業交流展2018」に出展

訪日外国人観光客を誘致するためのサービスなどを出展

VR企画・制作やストリートビュー撮影、Webサイト制作​などを手がける360株式会社が、独自のVR製品やMEO対策サービスを「産業交流展2018」に出展すると、8月31日に発表しました。

同社は、観光地の魅力を「VR」で疑似体験ができる「VRでアピール」や、インバウンド対策に効果的なMEO(Map Engine Optimization=地図エンジン最適化)サービス「マップでアップ」を、同展示会に展示。これらを「観光団体」や「サービス事業者」などに導入してもらうことで、訪日外国人観光客の誘致に向けたPR活動の効率化・有効化につなげます。

VRでアピール

VRでアピール

360度自由に観光地を見回す 店の集客力などをアップ

「VRでアピール」ではVRゴーグルから観光地を疑似体験できるほか、動画においてはドラッグによって360度自由に見回すことが可能。ナレーションやテロップの挿入も、要望があれば行っていきます。

また、87%のスマホユーザーが来店前に店舗検索を行っています。そのため、店舗情報をオーナーに代わり最適化して登録する「マップでアップ」によって、探しやすくなり、集客力アップにもつながります。

「産業交流展2018」は東京ビッグサイト東4・5・6ホールにおいて、11月14日から16日にかけて開催される予定です。

(画像はプレスリリースより)

まずは知ってもらう!旅マエに有効なインバウンド集客を資料で詳しくみてみる

「インバウンド動画プロモーション」を資料で詳しくみてみる

「SNSを活用したプロモーション」を資料で詳しくみてみる

「インフルエンサーマーケティング」を資料で詳しくみてみる

「広告プロモーション」を資料で詳しくみてみる

▼外部リンク

360株式会社のプレスリリース(PR TIMES)
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000006.000029486.html

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客のインバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!