東南アジア向け広告プラットフォーム「ADBBIT」が取り扱い媒体数140メディアを突破/より広く広告展開が可能に

東南アジア向け広告プラットフォーム「ADBBIT」が取り扱い媒体数140メディアを突破/より広く広告展開が可能に

”ADBBIT”を海外広告展開&ブランディング向上に活用を

ブランディング及び事業運営に関わるコンサルティング業務、海外進出支援プラットフォームの運営を行う株式会社For Bridgesが、企業向け東南アジア広告照会プラットフォーム“ADBBIT”に関し、取り扱い媒体数が140メディアを突破したと、9月19日に発表しました。

日本からシンガポール・タイ・インドネシアなど、地元メディアへの広告出稿をサポートする“ADBBIT”は、7月4日からサービスが始まり、9月1日に取り扱い媒体数140メディアを突破。これにより、日本国内のインバウンド事業を行っている企業などが、より多くの海外広告展開及び、ブランディング向上などに活用できます。

ADBBIT

ADBBIT

申し込みから掲載まで全て”日本語” 日本円で支払い

“ADBBIT”では、東南アジアで長い経験を持つスタッフと、現地事情に精通した各国の提携企業と協業し、ローカルマーケットとのコミュニケーションを円滑に進め、認知拡大のための広告・PR展開を可能にします。

同サービスの検討用媒体資料や利用申し込みから、掲載まで全て日本語で行うことができ、日本円で支払いが可能なため、海外送金手数料の負担もありません。同社が提携するローカルパートナー企業を通じ、現地でのPR活動も可能で、各国に現地法人がなく、マーケティング担当者もいない企業にとって、最適なマーケティング・ソリューションとなります。

(画像はプレスリリースより)

まずは知ってもらう!旅マエに有効なインバウンド集客を資料で詳しくみてみる

「インバウンド動画プロモーション」を資料で詳しくみてみる

「SNSを活用したプロモーション」を資料で詳しくみてみる

「インフルエンサーマーケティング」を資料で詳しくみてみる

「広告プロモーション」を資料で詳しくみてみる

▼外部リンク

株式会社For Bridgesのプレスリリース(PR TIMES)
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000003.000033375.html

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客のインバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!