外国人観光客に「江戸」を見つけて楽しんでもらえる「英語版 素敵な江戸時代図鑑」発売

公開日:2018年10月12日

ターゲットは、アニメやマンガで日本文化に興味を持った外国人観光客

2018年9月27日、合同会社入谷のわきは、「英語版 素敵な江戸時代図鑑(The Illustrated Guide to The Fantastic Edo Era)」(以下、同書)を出版したと発表しました。

同書のターゲットは、日本を訪れる家族やアニメやマンガで日本文化に興味を持った人です。

なお同社は現在、博物館や美術館のミュージアムショップを中心に営業をしており、外国からの観光客が多く通る場所の書店・雑貨店での、インパウンドの取り込みを期待したい店からの直販を伸ばしていくとともに、2020年に向けて世界中の人により親近感を持って日本文化を知ってもらうために、多言語化を目標にしているとのことです。

表紙

表紙

「英語版 素敵な江戸時代図鑑」の概要

同書は、230年もの長い平和を維持し、様々な文化を発展させ、現代の和文化の基礎となる江戸時代について、日本を訪れる人々に、町のあちらこちらで「江戸」を見つける楽しさを知ってもらいたいと企画されました。

同書は、豊富なイラストでどんな年代にもわかりやすく構成されており、大人には、日本人の思考や美意識、子供やアニメ好きには、忍者や妖怪など、江戸の町を再現したイラストで当時の町や商店の様子を細かく解説しており、インパウンド向けの他、商用や訪問での海外へのお土産、和文化を説明する英語学習にもお勧めです。

(画像はプレスリリースより)

インバウンド受け入れ環境整備を資料で詳しくみてみる

「翻訳・多言語化」を資料で詳しくみてみる

「多言語サイト制作」を資料で詳しくみてみる

「多言語化表示サービス」を資料で詳しくみてみる

「テレビ電話型通訳サービス」を資料で詳しくみてみる

「訪日外国人向け道案内」を資料で詳しくみてみる

▼外部リンク

入谷のわき プレスリリース(PRTIMES)
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000007.000020085.html

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客のインバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!