石川県の加賀温泉郷においてナビゲーションとクラウド技術を活用した実証試験

石川県の加賀温泉郷においてナビゲーションとクラウド技術を活用した実証試験

地元ならではのドライブプランを4か国語で観光客に提案

2018年10月12日、クラリオン株式会社(以下、クラリオン)は、一般社団法人加賀市観光交流機構、山代温泉観光協会、山中温泉観光協会、片山津温泉観光協会の3温泉観光協会と協働し、観光客向けにカーナビゲーションとクラウド技術を活用したドライブプラン提案の実証試験(以下、同実証試験)を、10月12日から2019年3月31日まで実施すると発表しました。

加賀市観光情報センターや3観光協会には、ドライブプランに関する問い合わせが多数寄せられ、外国人利用者も増加している状況のため、地元ならではの旅ルートやうんちく情報などを提供するとともに、外国語で対応することで、観光客の満足度・利便性向上を図ることを目的に、同実証試験を実施することになりました。

実証実験(ナビゲーションとクラウドシステム)

実証実験(ナビゲーションとクラウドシステム)

実証実験の概要

同実証試験では、3温泉観光協会それぞれが観光客にレンタル提供する二人乗り超小型モビリティ「温モビ(ぬくモビ)」に、出発から帰宅まで徒歩を含む移動ルートをすべて設定できる次世代ナビゲーション機能「Door to Door ナビゲーション」や、クラリオンの最新カーナビゲーション「NXV987D」を装着します。

観光客は、出発前に自分のスマートフォンを使用して、日本語・英語・中国語・韓国語の4カ国語に対応したLINE botと会話をすすめることで、自分の嗜好に合う旅のプランが提案され、ナビゲーションのルート案内にも反映されます。

なお、LINE botとは、LINE上でユーザーとチャットコミュニケーションが出来る応対システムで、株式会社フェリックスが、「温モビ」専用botシステムを開発して提供します。

また、クラリオンは、車載機器の開発・製造だけではなく、クラウド技術を活用したデジタルデータ連携・車両情報連携や車載端末の連携により、必要な時、必要なタイミングで、的確に情報を与える環境を作り上げ、車室内空間と生活空間においてシームレスで価値ある移動体験を提供することを目指すとのことです。

(画像はプレスリリースより)

インバウンド受け入れ環境整備を資料で詳しくみてみる

「翻訳・多言語化」を資料で詳しくみてみる

「多言語サイト制作」を資料で詳しくみてみる

「多言語化表示サービス」を資料で詳しくみてみる

「テレビ電話型通訳サービス」を資料で詳しくみてみる

「訪日外国人向け道案内」を資料で詳しくみてみる

▼外部リンク

クラリオン ニュースリリース
https://www.clarion.com/

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボニュース

訪日ラボニュース

訪日ラボ編集部がセレクトした、企業のインバウンド対策向けのサービスのリリース、調査レポート、ニュースなどをご紹介。