職人.com、ハングルでの販売ページを開設

現在5言語に対応

職人.com株式会社は11月6日、日本の伝統工芸品を販売するサイト「職人.com」において、ハングルでの販売ページを開設したと発表しました。

今回のハングルページ開設により、職人.comは5言語(日本語・英語・中国語(簡体字/繁体字)・韓国語)に対応することになりました。

「職人.com」

「職人.com」

ショールームで商品を手に取って、帰国後にウェブサイトで購入

通販もいいけれど、商品を手に取って確かめてから購入したいという人は少なくないでしょう。

職人.comはそうしたニーズに応え、京都市中京区に職人.com三条ショールームを設けています。ここでは商品を手に取って確かめてみるだけでなく、商品の在庫があればその場で購入して持ち帰ることができます。

最近は、この職人.com三条ショールームを訪れる訪日韓国人が増えてきています。気に入った商品に在庫があれば、彼らはその場で購入して持ち帰ることができます。

もし在庫がなくその場では買えなくても、彼らは帰国後にウェブサイトのハングルページを通じて購入すればよいのです。今回のハングルページ開設により、そうしたこともできるようになりました。

(画像はプレスリリースより)

インバウンド受け入れ環境整備を資料で詳しくみてみる

「翻訳・多言語化」を資料で詳しくみてみる

「多言語サイト制作」を資料で詳しくみてみる

「多言語化表示サービス」を資料で詳しくみてみる

「テレビ電話型通訳サービス」を資料で詳しくみてみる

「訪日外国人向け道案内」を資料で詳しくみてみる

▼外部リンク

職人.com株式会社 プレスリリース
https://www.value-press.com/pressrelease/210943

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボニュース

訪日ラボニュース

訪日ラボ編集部が選んだ、企業のインバウンド対策向けのサービスのリリース、調査レポート、ニュースなどをご紹介。