東広島市観光案内所でロボットを活用した観光案内サービスを開始

東広島市観光案内所でロボットを活用した観光案内サービスを開始

IoT活用による産業振興施策

2018年11月6日、東広島市とシャープ株式会社(以下、シャープ)は、東広島市観光案内所において、シャープのモバイル型コミュニケーションロボット「RoBoHoN」(以下、ロボホン)を活用した観光案内サービスを開始すると発表しました。

同市は、IoT活用による産業振興施策を実施しており、コミュニケーションロボットを観光振興施策に活かすために設置された「IoT活用による産業振興に係るロボット機種選定委員会」において、ロボホンが選定されました。

ロボホン

ロボホン

ロボットを活用した観光案内サービスの概要

ロボホンは、「日本語」「英語」「中国語(簡体)」に対応しており、近年増加している外国人観光客に向けて同市の観光地や特産品について音声で案内するとともに、話しかけられた挨拶に合わせて言語が自動で切り替わります。

また、タブレット端末が接続されているので、写真や動画を用いて説明して、同市内での周遊を促進します。さらに、ダンスや歌、会話なども楽しめます。

さらに、観光博覧会といった展示会等の会場へも設置され、同市PRの一環としても活用されます。

(画像はロボホン公式サイトより)

インバウンド受け入れ環境整備を資料で詳しくみてみる

「翻訳・多言語化」を資料で詳しくみてみる

「多言語サイト制作」を資料で詳しくみてみる

「多言語化表示サービス」を資料で詳しくみてみる

「テレビ電話型通訳サービス」を資料で詳しくみてみる

「訪日外国人向け道案内」を資料で詳しくみてみる

▼外部リンク

シャープ ニュースリリース
http://www.sharp.co.jp/corporate/news/181106-a.html

ロボホン 公式サイト
https://robohon.com/

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボニュース

訪日ラボニュース

訪日ラボ編集部が選んだ、企業のインバウンド対策向けのサービスのリリース、調査レポート、ニュースなどをご紹介。