JNTO、カナダで開催されるアウトドア見本市への出展参加者を募集

JNTO、カナダで開催されるアウトドア見本市への出展参加者を募集

日本の自然やアウトドアコンテンツをアピールする機会

日本政府観光局(以下、JNTO)が、カナダ・バンクーバーで開催されるアウトドア見本市に、ジャパンブースを出展することに伴い、出展参加者を募集すると11月16日に発表しました。

JNTOは、訪日外国人旅行者の増加を目的とした訪日プロモーション事業「ビジット・ジャパン(VJ)事業」の一つとして、今回「Outdoor Adventure Show Vancouver(以下、OASV )」に、ジャパンブースを出展。訪日スキープロモーションを展開するための重要な見本市ですが、日本の自然やアウトドアコンテンツをアピールする絶好の機会にもなります。

Outdoor Adventure Show Vancouver

Outdoor Adventure Show Vancouver

現地旅行業界関係者およそ80人が参加する商談会やセミナーも

OASVの開催前日には、市内ホテルで現地旅行業界関係者およそ80人が参加する訪日商談会・セミナーを実施する予定。出展者は最初の1人のみ無料で、1人追加ごとに100カナダ・ドルが必要です。

同見本市は3月2日から3日にかけて開催され、出展団体数は 275団体(昨年度実績)、来場者数は17,200 人(昨年度実績)にも上る見込みです。共同出展参加費は2万円。JTB霞が関事業部に、メールか電話で問い合わせや申し込みができます。

(画像はプレスリリースより)

まずは知ってもらう!旅マエに有効なインバウンド集客を資料で詳しくみてみる

「インバウンド動画プロモーション」を資料で詳しくみてみる

「SNSを活用したプロモーション」を資料で詳しくみてみる

「インフルエンサーマーケティング」を資料で詳しくみてみる

「広告プロモーション」を資料で詳しくみてみる

▼外部リンク

JNTO プレスリリース
https://www.jnto.go.jp/jpn/news/20181116_4.pdf

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客のインバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!