多言語チャットボット「talkappi」がISMSの国際認証を取得/アクティバリューズ

多言語チャットボット「talkappi」がISMSの国際認証を取得/アクティバリューズ

顧客などの情報をより安全に管理 ISMSの国際認証を取得

多言語コミュニケーションソリューション提供や、人工知能技術活用の支援・サポートなどを行う株式会社アクティバリューズ(以下、アクティバリューズ)が、多言語対応チャットボットの運営改善へISMS(情報セキュリティマネジメントシステム)の国際認証を取得したと、11月28日に発表しました。

同社は、多言語コミュニケーションツール「talkappi」を開発・運営しており、顧客の情報や保有する情報システムなどを保護し、情報セキュリティ管理体制を高めるために、ISMSの国際認証(国際規格ISO/IEC 27001)を11月26日に取得。第3者の専門機関が審査を行い認証する制度であり、顧客はより安心してサービス利用ができるようになります。

talkappi

talkappi

「talkappi」が訪日外国人旅行者の9割をカバー

多言語対応チャットボット「talkappi」はWebブラウザーに加え、LINEやWeChatなど、国内外のメッセージアプリでも利用可能で、既に地域DMOの「草津温泉観光協会」などでも導入され、高い評価を得ています。

日本語はもちろん、英語や中国語(簡体)、中国語(繁体)、韓国語に標準対応し、訪日外国人旅行者の9割をカバーしていきます。

(画像はプレスリリースより)

インバウンド受け入れ環境整備を資料で詳しくみてみる

「翻訳・多言語化」を資料で詳しくみてみる

「多言語サイト制作」を資料で詳しくみてみる

「多言語化表示サービス」を資料で詳しくみてみる

「テレビ電話型通訳サービス」を資料で詳しくみてみる

「訪日外国人向け道案内」を資料で詳しくみてみる

▼外部リンク

株式会社アクティバリューズのプレスリリース(ValuePress!)
https://www.value-press.com/pressrelease/212056

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客のインバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!