「デジタルを最も活用している旅行者ランキング」1位はインド、2位はインドネシア 一方日本は23位 -トラベルポートジャパン調べ

「デジタルを最も活用している旅行者ランキング」1位はインド、2位はインドネシア 一方日本は23位 -トラベルポートジャパン調べ

世界の旅行者・デジタル事情

トラベルポートジャパン株式会社では11月29日、世界の旅行者を対象に旅行の計画や予約、旅行中のデジタル活用に関する実態調査レポートを発表しました。旅行のテクノロジー事情はますます加速しています。

旅行中のデジタル活用に関する実態調査

旅行中のデジタル活用に関する実態調査

デジタルの利便性が旅行をより気軽に

同調査は今年8月、世界16,000人の旅行者に行ったアンケートを分析したものです。今年は25カ国からの回答を得ています。

まずボイスサーチによる検索利用の割合が高いのは、中国とトルコで72%、インド69%、インドネシア68%となっています。日本は33%と、25カ国中最低でした。

スマートフォンでの旅行予約と決済の利用に関しては、ドイツとカナダが51%、フランス43%、イタリア41%、次いで日本とロシアが38%となっています。

デジタル利用が「電子搭乗券やeチケットが旅行をより簡単にする」と回答したのはインドネシア、インド、ブラジルなどが上位に。

旅行のデジタル活用国は「インド」

税関や入国審査での生体認証に関して、待ち時間を短縮、または回避する手段として情報を提供しても良いと回答したのは、ナイジェリア90%、コロンビア89%、ブラジル87%などが高い割合になっています。

デジタル的に高度な旅行者が最も多い国をランキングすると、1位がインド、2位インドネシア、3位ブラジル、4位中国、5位ナイジェリアとなっています。ちなみに日本は23位でした。

(画像はプレスリリースより)

インバウンド市場や各国の訪日外国人に関する調査やもっと詳しいインバウンドデータ知るには?

訪日ラボがまとめた「インバウンドデータレポート」を資料で詳しくみてみる

「調査・リサーチ」を資料で詳しくみてみる

「インバウンドデータ」を資料で詳しくみてみる

▼外部リンク

トラベルポートジャパンのプレスリリース(PRTIMES)
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000018.000029417.html

トラベルポートジャパンの公式ホームページ
https://marketing.cloud.travelport.com/

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客のインバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!