リアルタイム翻訳を実証実験/ビッグローブの「BL-02」、NECと福岡市が行う翻訳実証実験へ提供

リアルタイム翻訳を実証実験/ビッグローブの「BL-02」、NECと福岡市が行う翻訳実証実験へ提供

リアルタイム翻訳を検証

プロバイダおよびポータルサイトの「BIGLOBE」で知られるビッグローブ株式会社は11月26日、同社が開発したAndroid搭載IoTデバイス「BL-02」を、NECと福岡市が実施する外国人観光客向けの翻訳実証実験へ提供すると発表しました。

実証実験は、リアルタイム翻訳を検証する目的で行われます。実施日時は11月26日(月)~12月9日(日)、場所は福岡市の川端商店街です。

「BL-02」

「BL-02」

「BL-02」とは

実証実験では、NECの「多言語音声翻訳サービス」が用いられます。これには、国立研究開発法人情報通信研究機構開発の観光会話向けの高精度翻訳エンジンが搭載されています。対応言語は、日本語・英語・中国語・韓国語です。

一方、Android搭載IoTデバイス「BL-02」は、名刺サイズながら翻訳メッセージを十分な大きさで表示できるディスプレイを搭載しています。また同デバイスは、LTE通信、無線LAN、Bluetooth通信、GPS、加速度センサーなどの10軸センサーを内蔵しています。

実証実験では、川端商店街の店舗の店員が、「BL-02」から「多言語音声翻訳サービス」を利用し、外国人と対話します。

(画像はプレスリリースより)

インバウンド受け入れ環境整備を資料で詳しくみてみる

「翻訳・多言語化」を資料で詳しくみてみる

「多言語サイト制作」を資料で詳しくみてみる

「多言語化表示サービス」を資料で詳しくみてみる

「テレビ電話型通訳サービス」を資料で詳しくみてみる

「訪日外国人向け道案内」を資料で詳しくみてみる

▼外部リンク

ビッグローブ株式会社 プレスリリース
https://www.biglobe.co.jp/

BL-02
https://biz.biglobe.ne.jp/bl/

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボニュース

訪日ラボニュース

訪日ラボ編集部が選んだ、企業のインバウンド対策向けのサービスのリリース、調査レポート、ニュースなどをご紹介。