ノンバーバル(非言語)エンタテインメント『万華響-MANGEKYO-』、有楽町での常設公演決定

ノンバーバル(非言語)エンタテインメント『万華響-MANGEKYO-』、有楽町での常設公演決定

年間500回の公演予定

株式会社JTBコミュニケーションデザインは12月3日、『Revolutionary New Drumming Entertainment in Tokyo万華響-MANGEKYO-』(以下、『万華響-MANGEKYO-』)を常設公演にすると発表しました。

『万華響-MANGEKYO-』は、同社とエンタテインメント集団DRUM TAO(ドラムタオ)が共同で企画・制作するコンテンツです。

『万華響-MANGEKYO-』は、2017年9月に60公演、2018年春期・秋期合計で240公演が開催されました。2019年4月10日(水)より有楽町・オルタナティブシアターにて常設公演が開始され、年間500回の公演を予定しています。

「万華響-MANGEKYO-」

「万華響-MANGEKYO-」

ノンバーバルエンタテインメント

『万華響-MANGEKYO-』は、迫力ある和太鼓サウンドとプロジェクションマッピングによる演出などが特徴です。

『万華響-MANGEKYO-』は、言語や国籍を問わずに楽しめるノンバーバル(非言語)エンタテインメントとなっており、訪日外国人にも好評です。

訪日外国人がいつ日本に来ても観光の合間に『万華響-MANGEKYO-』を楽しめるように、同社は常設公演を決定したのです。

(画像はプレスリリースより)

インバウンド対策なにから始めたら良いかわからない?

訪日ラボがまとめた「インバウンドデータレポート」を資料で詳しくみてみる

「インバウンドコンサル」を資料で詳しくみてみる

「調査・リサーチ」を資料で詳しくみてみる

「インバウンドデータ」を資料で詳しくみてみる

「インバウンド研修」を資料で詳しくみてみる

▼外部リンク

株式会社JTBコミュニケーションデザイン プレスリリース
https://www.jtbcorp.jp/

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客のインバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!