予約できる手荷物預かりサービス「ecbo cloak」、品川駅・池袋駅に拡大

予約できる手荷物預かりサービス「ecbo cloak」、品川駅・池袋駅に拡大

2018年12月15日(土)より実施

東日本旅客鉄道株式会社(JR東日本)、株式会社ジェイアール東日本物流、ecbo株式会社は、2018年12月15日(土)より、事前予約のできる手荷物預かりサービス「ecbo cloak」を、JR品川駅・池袋駅で実施すると発表しました。

JR東京駅ではすでに実施されており、今回の拡大により3駅で「ecbo cloak」が利用できることになります。

「ecbo cloak」

「ecbo cloak」

利用方法

まずはスマートフォンやパソコンなどで、「ecbo cloak」のWEBサイトからユーザー登録を行います。次に、手荷物預かり所と日時、荷物数を指定します。予約当日、予約した手荷物預かり所に行き、係員に予約完了の案内メールに添付されている二次元コードを見せ、荷物を預けます。

料金は荷物の大きさに関わらず、一律800円/日・個(税込)です。なお「ecbo cloak」のWEBサイトは、日本語・英語・中国語(簡体字、繁体字)・韓国語に対応しています。

導入背景

これまで訪日外国人が荷物を預ける手続きがわからずに戸惑っている、という場面が多々見られました。そこで同社は、事前予約の「ecbo cloak」を導入することにしました。

訪日外国人のユーザーは、多言語対応の「ecbo cloak」のWEBサイトから予約することによって、現地での不安を解消するとともに、容易に手続きができるようになるのです。

(画像はプレスリリースより)

インバウンド受け入れ環境整備を資料で詳しくみてみる

「翻訳・多言語化」を資料で詳しくみてみる

「多言語サイト制作」を資料で詳しくみてみる

「多言語化表示サービス」を資料で詳しくみてみる

「テレビ電話型通訳サービス」を資料で詳しくみてみる

「訪日外国人向け道案内」を資料で詳しくみてみる

▼外部リンク

東日本旅客鉄道株式会社 プレスリリース
http://www.jreast.co.jp/press/2018/20181210.pdf

ecbo cloak
https://cloak.ecbo.io/ja

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボニュース

訪日ラボニュース

訪日ラボ編集部が選んだ、企業のインバウンド対策向けのサービスのリリース、調査レポート、ニュースなどをご紹介。