アジア地域の男女が回答・海外ウエディング希望は日本が1位!

アジア地域の男女が回答・海外ウエディング希望は日本が1位!

挙式をしたい・撮影したいエリアは?

株式会社ウエディングパークは12月13日、アジア地域で実施した海外ウエディングの意向度調査の結果を発表。結婚式を挙げたいエリア・フォトウエディングを撮りたいエリアともに、日本は1位となりました。

海外ウエディングの意向度調査

海外ウエディングの意向度調査

ビーチリゾートでの挙式が人気

同調査は、中国本土・台湾・香港で結婚希望のある、あるいは結婚予定のある20代~30代の男女544人の回答をまとめた結果。海外で挙式をしたい人は全体の63%と高い割合です。

希望が多かったエリアは「日本」が最も多く114票、次いで「モルディヴ・タヒチ」が101票となりました。3位「バリ島」4位「ハワイ」5位「ヨーロッパ」となっています。

日本で希望するロケーションは、「ビーチリゾート」。日本独特の「神社(神前結婚式)」も高い票を獲得しています。

フォトウエディングの撮影は日本の四季を

「フォトウエディング・前撮りをしたいエリア」は、「日本」「モルディヴ・タヒチ」「バリ島」の順で希望挙式エリアと同様。

日本で撮影を希望するロケーションは、1位が「桜の木の下」で124票、「紅葉の中」98票、「庭園・神社仏閣」90票。ここではビーチと違い、日本独特の四季の美しさを背景にしたいというニーズがあることが明らかになりました。

(画像はプレスリリースより)

インバウンド市場や各国の訪日外国人に関する調査やもっと詳しいインバウンドデータ知るには?

訪日ラボがまとめた「インバウンドデータレポート」を資料で詳しくみてみる

「調査・リサーチ」を資料で詳しくみてみる

「インバウンドデータ」を資料で詳しくみてみる

▼外部リンク

株式会社ウエディングパークのプレスリリース
https://kekkon-ashita.weddingpark.co.jp/827/

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボニュース

訪日ラボニュース

訪日ラボ編集部が選んだ、企業のインバウンド対策向けのサービスのリリース、調査レポート、ニュースなどをご紹介。