ANA、ANAウェブサイトの国際線航空券の支払いにペイパル採用

ANA、ANAウェブサイトの国際線航空券の支払いにペイパル採用

12月12日より開始

全日本空輸株式会社(ANA)は12月12日、ANAウェブサイトの国際線航空券の支払い方法にペイパル(PayPal)を採用しました。

国際線航空券の支払いに、世界で2億5,000万以上のアカウントを持つペイパルが採用されたことにより、訪日外国人の利便性向上が期待されます。 「ペイパル」

「ペイパル」

ペイパルとは

ペイパルは、オンライン決済をより安全かつ便利に行うためのサービスです。

ユーザーは、ペイパルに新規登録(無料)し、クレジットカードやデビットカード、銀行口座、住所などの情報を入力します。次に、ペイパルが使える店舗で商品を選び、支払い方法でペイパルを選択しログイン、支払い方法を選択し完了します。

つまりユーザーと店舗の間に、ペイパルが仲立ちしてくれるわけです。店舗側にクレジットカードや銀行口座などの情報を知られることはありません。

またペイパルには「買い手保護制度」というものがあります。
商品が届かないといったトラブルがトラブルが起こった場合でも、条件を満たせば返金される制度です。

ペイパル決済でクレジットカードを選択した場合、ポイントはきちんと貯まります。またペイパルのアカウントでは、支払い履歴を確認することができるため、使い過ぎを防止できます。

(画像はプレスリリースより)

インバウンド対策なにから始めたら良いかわからない?

訪日ラボがまとめた「インバウンドデータレポート」を資料で詳しくみてみる

「インバウンドコンサル」を資料で詳しくみてみる

「調査・リサーチ」を資料で詳しくみてみる

「インバウンドデータ」を資料で詳しくみてみる

「インバウンド研修」を資料で詳しくみてみる

▼外部リンク

全日本空輸株式会社 プレスリリース
https://www.ana.co.jp/group/pr/201812/20181212.html

ペイパル
https://www.paypal.com/jp/webapps/mpp/home

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボニュース

訪日ラボニュース

訪日ラボ編集部が選んだ、企業のインバウンド対策向けのサービスのリリース、調査レポート、ニュースなどをご紹介。