関東地方の交通事業者が連携「WELCOME KANTO PASMO」を3万枚発売

関東地方の交通事業者が連携「WELCOME KANTO PASMO」を3万枚発売

インバウンドしか買えないICカード

小田急電鉄株式会社、京王電鉄株式会社、京成電鉄株式会社、東京都交通局など、関東地方の交通事業者12社局では、インバウンド向けのICカード乗車券「WELCOME KANTO PASMO」を企画し、12月25日より、インバウンドによる利用の多い一部の都心の駅にて、限定3万枚発売します。

WELCOME KANTO PASMO

WELCOME KANTO PASMO

関東地方を訪れた思い出に

インバウンドは、成田空港・羽田空港の鉄道駅などの発売箇所にて、パスポートを提示することにより、「WELCOME KANTO PASMO」を、1枚2,000円で買うことができます。

このカードは通常のPASMOをベースにしており、関東地方のICカード対応の鉄道やバスの乗車のほか、電子マネーでの買い物にも利用でき、チャージすることにより繰り返し利用可能です。

さらに、このカードの券面を上野・浅草・秋葉原の施設や店舗等にて提示すると、割引等のサービスが受けられる特典もあります。

券面デザインには、関東地方の日本らしさを取り入れ、桜模様にまねき猫と富士山をあしらいました。発売時には、専用の台紙を付けてインバウンドに提供されます。

なお、株式会社パスモでは、「WELCOME KANTO PASMO」の詳しい内容を、発売開始日より英語にて案内する予定です。インバウンドには、この取り組みを通じ、関東地方の旅行を便利に快適に楽しんでもらいたいとしています。

(画像はプレスリリースより)

顧客満足度を上げる!旅ナカに有効なインバウンド対応を資料で詳しくみてみる

「翻訳・多言語化」を資料で詳しくみてみる

「多言語化表示サービス」を資料で詳しくみてみる

「テレビ電話型通訳サービス」を資料で詳しくみてみる

「バイリンガル採用・派遣」を資料で詳しくみてみる

▼外部リンク

関東地方の交通事業者12社局によるプレスリリース
https://www.odakyu.jp/

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客のインバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!