JNTOが「第2回 空港マーケティング・プロモーション推進連絡会」を開催

JNTOが「第2回 空港マーケティング・プロモーション推進連絡会」を開催

国際航空路線の誘致促進のために行う航空関連調査の結果を共有

日本政府観光局(以下、JNTO)が、「第2回 空港マーケティング・プロモーション推進連絡会」を開催すると、12月7日に発表しました。

同会合では、JNTOが国際航空路線の誘致促進のために行う航空関連調査の結果を共有することに加え、東アジア及ぶ東南アジアの航空会社をゲストスピーカーとして招き、空港マーケティング・プロモーションをしていく団体などに、有益な情報を提供していきます。


交流会に航空会社関係者も参加 空港は観光発展の基盤となる施設

空港は観光発展の基盤となる施設で、訪日市場の拡大に向けて、地方空港への国際線の就航による送客増加が求められています。

交流会にはゲストスピーカー以外にも、航空会社関係者も参加。「第2回 空港マーケティング・プロモーション推進連絡会」は、関係地域観光団体や関係自治体などを対象として開催されます。

開催日は2019年2月1日、場所はANAインターコンチネンタルホテル東京。参加費は無料で交流会は5,000円となります。募集人数は先着100人。専用申込フォームをダウンロードし、メールで申し込みをしてください。

(画像はJNTO ホームページより)

インバウンド対策なにから始めたら良いかわからない?


訪日ラボがまとめた「インバウンドデータレポート」を資料で詳しくみてみる

「インバウンドコンサル」を資料で詳しくみてみる

「調査・リサーチ」を資料で詳しくみてみる

「インバウンドデータ」を資料で詳しくみてみる

「インバウンド研修」を資料で詳しくみてみる


▼外部リンク

JNTO プレスリリース
https://www.jnto.go.jp/jpn/news/20181207_3.pdf

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客のインバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!