カンボジア・キリロム工科大学、観光・サービス産業に特化した人材育成に着手

カンボジア・キリロム工科大学、観光・サービス産業に特化した人材育成に着手

国際ホスピタリティ経営学科

カンボジアのキリロム工科大学は12月12日、グローバルに活躍する人材を育てる「国際ホスピタリティ経営学科」を新設すると発表しました。「日本のおもてなし」ができる人材育成に貢献します。

キリロム工科大学

キリロム工科大学

英語、IT、マネジメントを網羅

今回新設される学科は、世界の観光・旅行産業、ホテルやレストランなど、ホスピタリティ関連業界で活躍できる人材育成に特化しています。初年度は2019年4月より日本人、カンボジア人、マレーシア人の計40名の入学を予定しています。

学科は4年制で、英語の習得と、観光・旅行産業、サービス事業に求められるIT技術を学んでいきます。

カンボジア内外で行うインターンシップ

また1年間の半分は、インターンシップで国内外3カ国のリゾート・観光・サービス関連施設で実践を行います。一般業務から企画、リゾートマネジメントにかかわるIT、デジタルマーケティング、エンターテイメントなど幅広い分野を扱います。

卒業の時点で英語のスキルはIELTS7.0を目指し、グローバルのホテル・ホスピタリティ関連施設でマネージャー候補の即戦力になる、あるいは自身でホスピタリティ関連事業を立ち上げる人材になることを目標としています。

オリンピックや万博など国際的なイベントを控えている日本。求められる人材の解決に貢献するとしています。

(画像はプレスリリースより)

ホテルや旅館にオススメのインバウンド対策について より詳しい資料のダウンロードはこちら

「翻訳業務」を資料で詳しくみてみる

「テレビ電話型通訳サービス」を資料で詳しくみてみる

「チャットボットシステム」を資料で詳しくみてみる

「インバウンド研修」を資料で詳しくみてみる

▼外部リンク

vKiririom Japan株式会社のプレスリリース
https://jp.vkirirom.city/blog/2019-4

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客のインバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!