北海道新幹線車内で訪日外国人客向け無料公衆無線LANサービスを開始

北海道新幹線車内で訪日外国人客向け無料公衆無線LANサービスを開始

2019年度末までに、全4編成(40両)でサービスを開始する予定

2018年12月18日、北海道旅客鉄道株式会社(以下、JR北海道)は、JR北海道で所有する北海道・東北新幹線H5系車両・1編成において、訪日外国人の乗客に向けた無料公衆無線LAN(Wi-Fi)サービス(以下、同サービス)を、2018年12月23日(日)より開始すると発表しました。

JR北海道は、Wi-Fiの通信機器を搭載したJR北海道H5系車両のはやぶさ10号(新函館北斗6:35発東京行き)を、018年12月23日より運転します。

これに伴い、JR北海道が所有する新幹線車両の車内でも同サービスを開始することになったもので、2019年度末までに、全4編成(40両)で同サービスを開始し、北海道新幹線区間(新函館北斗~新青森)の全ての車両でWi-Fiを利用できるようになります。

なお、同サービスでは、すでにJR東日本E5系で導入が進んでいる「JR-EAST FREE Wi-Fi」を提供します。

JR-EAST FREE Wi-Fi

JR-EAST FREE Wi-Fi

サービスの概要

同サービスを利用できる車両には、車内にステッカーを掲示しています。

同サービスのSSIDは「JR-EAST FREE Wi-Fi」で、利用する際には、メールアドレスの入力による認証が必要です。

同サービスは、1日何回でも利用できますが、1回の接続時間は最大3時間であり、携帯電話の電波を使用したサービスであるため、電波の届かない区間では利用できません。

なお、青函トンネルの携帯電話サービスについては、2018年度末から、順次利用を開始し、これと同時にWi-Fiも利用できるようになります。

また、訪日外国人の乗客に向けたサービスですが、日本人を含めだれでも利用できます。

(画像はプレスリリースより)

顧客満足度を上げる!旅ナカに有効なインバウンド対応を資料で詳しくみてみる

「翻訳・多言語化」を資料で詳しくみてみる

「多言語化表示サービス」を資料で詳しくみてみる

「テレビ電話型通訳サービス」を資料で詳しくみてみる

「バイリンガル採用・派遣」を資料で詳しくみてみる

▼外部リンク

JR北海道 ニュースリリース
https://www.jrhokkaido.co.jp/

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボニュース

訪日ラボニュース

訪日ラボ編集部がセレクトした、企業のインバウンド対策向けのサービスのリリース、調査レポート、ニュースなどをご紹介。