荷物預かりサービス「ecbo cloak」、博多駅構内で実証実験開始

荷物預かりサービス「ecbo cloak」、博多駅構内で実証実験開始

2018年12月22日より開始

ecbo株式会社は、九州旅客鉄道株式会社(JR九州)と業務提携し、2018年12月22日から2019年3月30日まで、博多駅構内で荷物預かりサービス「ecbo cloak」の実証実験を行います。

荷物預かり場所は博多駅「旅行の窓口」、スーツケース100個程度収納可能です。 「博多駅 旅行の窓口」

「博多駅 旅行の窓口」

背景

福岡県は、都道府県別訪日外国人訪問率ランキングで第5位にランクインするなど、訪日外国人にも人気があります。

訪日外国人は大きな荷物を持って日本にやってきますが、大きな荷物は駅のコインロッカーには入らない場合があります。また複数日間荷物を預けたいという場合もあるでしょう。

そこでecboとJR九州は、博多駅の「旅行の窓口」に「ecbo cloak」に導入することで、こうしたニーズに応えようとしているのです。

「ecbo cloak」とは

「ecbo cloak」は、事前予約ができる荷物預かりサービスです。

まず、ユーザーは「ecbo cloak」のWEBサイトで会員登録を行います。次に、荷物預かり所と預ける期間、荷物の個数を指定して予約します。当日予約も可能です。

チェックイン日、ユーザーは荷物を持って預かり所に行き、係員に荷物を預けます。チェックアウト日、指定した時刻に預かり所に行き、係員から荷物を受け取ります。

利用料金は、荷物の大きさに関わらず一律900円(税込)/個・日です。なお「ecbo cloak」のWEBサイトは、日本語・英語・中国語(簡体字、繁体字)・韓国語対応です。

(画像はプレスリリースより)

インバウンド受け入れ環境整備を資料で詳しくみてみる

「翻訳・多言語化」を資料で詳しくみてみる

「多言語サイト制作」を資料で詳しくみてみる

「多言語化表示サービス」を資料で詳しくみてみる

「テレビ電話型通訳サービス」を資料で詳しくみてみる

「訪日外国人向け道案内」を資料で詳しくみてみる

▼外部リンク

ecbo株式会社 プレスリリース
https://ecbo.io/20181220_jrkyushu/
 
九州旅客鉄道株式会社 プレスリリース
http://www.jrkyushu.co.jp/

ecbo cloak
https://cloak.ecbo.io/ja

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客のインバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!