台湾とタイで効果的なWeb広告とは?プロモーションのトレンドと傾向

台湾とタイで効果的なWeb広告とは?プロモーションのトレンドと傾向

アウンコンサルティング調べ

アウンコンサルティング株式会社は12月21日(金)、台湾・タイでのWeb広告に関する意識調査の結果を報告。訪日リピーター率が高い、両国への戦略を明らかにしています。

台湾・タイでのWeb広告に関する意識調査

台湾・タイでのWeb広告に関する意識調査

SNSの利用は、LINEとFacebook

同調査は、台湾・タイの20~50歳の男女100名以上のアンケートをまとめています。

これらの地域で主に利用されている連絡手段は、「LINE」と「Messenger」。情報収集で利用されるのは「Facebook」と「Instagram」です。

タイでのFacebookの利用率は78%と根強い人気。SNSでクリックしたことのある広告については、これらの利用率と比例しています。どのWeb広告に興味があるかについては、台湾が「バナー広告」で29%、タイは「動画広告」で36%となっています。

広告を迷惑と感じないのはInstagram

一方で「迷惑に感じる広告」は台湾・タイどちらも、日常的な利用率の高さと比例して「LINE」「Facebook」「Messenger」がランクインしました。

しかし台湾・タイともにInstagramは数値が低い結果となっています。特に台湾では、Instagramの利用ユーザーが27%を占めていますが、広告を迷惑だと回答したユーザーは5%以下でした。視覚的な効果があるのではと考察されます。

美容・ゲーム・旅行業界は期待大!

SNS以外では、台湾では「ポップアップ広告」、タイでは「リスティング広告」に不快感を示しています。Web広告の効果が期待できる業界は、いずれの国でも「美容」「ゲーム」「旅行」となりました。

(画像はプレスリリースより)

リピーターの醸成や次の集客に活かす!旅アトに有効なインバウンド集客を資料で詳しくみてみる

「SNSプロモーション」を資料で詳しくみてみる

「越境ECサイト制作」を資料で詳しくみてみる

▼外部リンク

アウンコンサルティングのプレスリリース
https://www.globalmarketingchannel.com/

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボニュース

訪日ラボニュース

訪日ラボ編集部がセレクトした、企業のインバウンド対策向けのサービスのリリース、調査レポート、ニュースなどをご紹介。