JNTOが「NATAS TRAVEL 2019」での共同出展者を募集

JNTOが「NATAS TRAVEL 2019」での共同出展者を募集

効果的な観光訪日インバウンドプロモーションへ 出展者を募集

日本政府観光局(以下、JNTO)が、「NATAS TRAVEL 2019」に出展することに合わせ、共同出展者及び、配布パンフレットの募集を行うと、12月7日に発表しました。

JNTOは海外事務所の専門的・中立的な立場を活かし、各市場の最前線で訪日プロモーションを行うビジット・ジャパン(VJ)事業の一つとして、シンガポール旅行フェア「NATAS TRAVEL 2019」に出展。インバウンド関係の団体を対象に、ジャパンパビリオン内でのブース出展や、配布パンフレットを募集、効果的な観光訪日インバウンドプロモーションができる場を提供していきます。

NATAS TRAVEL 2019

NATAS TRAVEL 2019

被災地を優先に受け付け 1ブースあたり約2.1平方メートルに

出展ブースは、1ブースあたり約2.1平方メートルで、費用は25万円。応募多数の場合は、北海道胆振東部地震や西日本豪雨など、被災地域を優先に受け付けていきます。

配布パンフレットは、観光情報や商品、サービスのパンフレット・カタログを受け付けし、A3 サイズ以下の大きさで、1事業者あたり5㎏が上限、英語で書かれたものが応募条件となります。

(画像はプレスリリースより)

まずは知ってもらう!旅マエに有効なインバウンド集客を資料で詳しくみてみる

「インバウンド動画プロモーション」を資料で詳しくみてみる

「SNSを活用したプロモーション」を資料で詳しくみてみる

「インフルエンサーマーケティング」を資料で詳しくみてみる

「広告プロモーション」を資料で詳しくみてみる

▼外部リンク

JNTO プレスリリース
https://www.jnto.go.jp/jpn/news/20181207_2.pdf

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客のインバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!