訪日外国人向けAIコンシェルジュ「Bebot」、九州初上陸

訪日外国人向けAIコンシェルジュ「Bebot」、九州初上陸

「オリエンタルホテル福岡 博多ステーション」に導入

株式会社ビースポークは1月23日、同社が開発した訪日外国人向けAIコンシェルジュ「Bebot」が、2019年4月より「オリエンタルホテル福岡 博多ステーション」に導入されると発表しました。「Bebot」にとって、初の九州上陸となります。 「Bebot」

「Bebot」

AIが訪日外国人の問い合わせに対応

訪日外国人向けAIコンシェルジュ「Bebot」は、スマートフォン用のチャットボットサービスです。

訪日外国人から寄せられる客室や施設、周辺の観光スポットに関する問い合わせや飲食店予約などに、AIが英語と中国語(簡体字・繁体字)を用いて24時間365日対応します。

「Bebot」を導入すれば、問い合わせ業務をAIによって一部自動化させることができます。これにより、問い合わせ業務に従事していたホテルスタッフを他の業務にあてがい、ホテルの生産性や顧客満足度の向上を目指すことができます。

なお、ユーザーがスマートフォンのブラウザ画面から「Bebot」を利用する仕組みになっているため、アプリのダウンロードやアップデートなどは不要です。

(画像はプレスリリースより)

インバウンド受け入れ環境整備を資料で詳しくみてみる

「翻訳・多言語化」を資料で詳しくみてみる

「多言語サイト制作」を資料で詳しくみてみる

「多言語化表示サービス」を資料で詳しくみてみる

「テレビ電話型通訳サービス」を資料で詳しくみてみる

「訪日外国人向け道案内」を資料で詳しくみてみる

▼外部リンク

株式会社ビースポーク プレスリリース
https://prtimes.jp/main/html/

Bebot
https://www.be-spoke.io/jp/hotels/

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客のインバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!