シーフードレストラン「レッドロブスター」に荷物一時預かりシェアリングサービス「ecbo cloak」導入へ

シーフードレストラン「レッドロブスター」に荷物一時預かりシェアリングサービス「ecbo cloak」導入へ

ecbo株式会社の荷物一時預かりシェアリングサービスを導入

「荷物を預けたい人」と、「荷物を預かるスペースを持つお店」をつなぐシェアリングサービス「ecbo cloak(エクボクローク)」を展開するecbo株式会社が、レッドロブスタージャパンとサービス提携を開始。「レッドロブスター」に「ecbo cloak」を導入したと、1月10日に発表しました。

シーフードレストラン「レッドロブスター」のアクアシティお台場店、沖縄国際通り店、名古屋港ガーデンピア店の3店舗は、荷物預かり需要の高いエリアに位置しており、インバウンド客による認知拡大と集客増加を図るため、レッドロブスタージャパンが、「ecbo cloak」の導入を決定しました。

ecbo cloak

ecbo cloak

スーツケースサイズも1日1個600円に ネットで事前予約を

「ecbo cloak」の利用料金はバッグサイズが1日1個300円、スーツケースサイズは1日1個600円となります。リュックやハンドバッグといった手荷物から、ベビーカーやギターなど大きなものも預けることができます。

ネットで荷物を預けたい店舗を検索し、預ける期間や荷物数を指定して、事前予約するだけで、誰でも簡単に利用することが可能です。

(画像はプレスリリースより)

ecbo cloakの資料をDL

※資料請求には無料の会員登録が必要です

ecbo cloakの詳細はこちら


インバウンド受け入れ環境整備を資料で詳しくみてみる

「翻訳・多言語化」を資料で詳しくみてみる

「多言語サイト制作」を資料で詳しくみてみる

「多言語化表示サービス」を資料で詳しくみてみる

「テレビ電話型通訳サービス」を資料で詳しくみてみる

「訪日外国人向け道案内」を資料で詳しくみてみる

▼外部リンク

ecbo株式会社 プレスリリース
https://ecbo.io/20190110_redlobster/

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボニュース

訪日ラボニュース

訪日ラボ編集部が選んだ、企業のインバウンド対策向けのサービスのリリース、調査レポート、ニュースなどをご紹介。