訪日外国人スキー客向け”インフルエンザ対策”サービス提供開始

訪日外国人スキー客向け”インフルエンザ対策”サービス提供開始

”OMOTENASHI”スペシャルプログラム

長野県白馬村の「白馬 山のホテル」と同小谷村の「ホテルグリーンプラザ白馬」は1月10日より、訪日外国人スキー客向けにインフルエンザ対策の新サービス「”OMOTENASHI”スペシャルプログラム」を、2月末までの期間限定で提供開始しました。

同プログラムでは、訪日外国人には馴染みがない「うがい」などの日本式のインフルエンザ・風邪予防法を体験することができます。 「白馬 山のホテル」

「白馬 山のホテル」

乾布摩擦体験もできる

同プログラムでは、訪日外国人に緑茶でのうがいや、乾布摩擦体験をしてもらいます。またマスクや貼るカイロ、風・インフルエンザ様症状の発生リスクを低減するプラズマ乳酸菌を提供します。

貼るカイロは日本発祥、緑茶は日本らしさの象徴、乾布摩擦は日本の伝統的な健康法です。プラズマ乳酸菌も、日本の飲料メーカー・キリンが発見しました。

”OMOTENASHI”スペシャルプログラムは、日本式の予防法を体験すると共に、日本文化の一端に触れることができるプログラムなのです。

(画像はプレスリリースより)

ホテルや旅館にオススメのインバウンド対策について より詳しい資料のダウンロードはこちら

「翻訳業務」を資料で詳しくみてみる

「テレビ電話型通訳サービス」を資料で詳しくみてみる

「チャットボットシステム」を資料で詳しくみてみる

「インバウンド研修」を資料で詳しくみてみる

▼外部リンク

株式会社安達・グリーンワールド プレスリリース
https://prtimes.jp/main/html/

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボニュース

訪日ラボニュース

訪日ラボ編集部がセレクトした、企業のインバウンド対策向けのサービスのリリース、調査レポート、ニュースなどをご紹介。