鳥取県、AR活用の広告プロモーションを実施 インバウンドの旅行意欲を喚起

鳥取県、AR活用の広告プロモーションを実施 インバウンドの旅行意欲を喚起

狙いは鳥取県の認知度向上

鳥取県は、1月14日から2月12日までの約1カ月間、香港航空ボーディングパス(搭乗券)を使用し、鳥取県内の観光地等のAR(拡張現実)による広告プロモーションを実施します。

香港航空搭乗券ARプロモーション

香港航空搭乗券ARプロモーション

鳥取県を代表する人気スポットをスマホで閲覧

今回実施する広告プロモーションの対象者は、香港航空を利用する全世界の路線搭乗者のうち、香港空港の出発便の搭乗者で、米子香港便以外の搭乗者も含まれます。

県では、PRスポットとして、「鳥取砂丘・浦富海岸・白兎神社」「大山」「三朝温泉」「境港の蟹の水揚げ」「水木しげるロード、鬼太郎列車」の5種類を用意。

一方、搭乗者は、このプロモーションを閲覧する際、ボーディングパスの裏面に記載されているQRコード(R)からスマートフォンにて香港航空サイトにアクセスします。

その後、WEBサイトの案内に従って、もう一度、QRコード(R)をスキャンすると、搭乗者はARにより、アニメーション化された各PRスポットを見ることが可能となります。

香港航空側の試算によれば、このプロモーション対象者は、約58万人にのぼります。県では、今回の取り組みを通じ、香港人だけでなく、香港を訪れる外国人観光客に対して、県の認知度向上を図るとともに、県への旅行意欲を駆り立てることで、ぜひとも県への誘客につなげたい考えです。

(画像は鳥取県のホームページより)

訪日台湾・香港人向けオススメインバウンド対策を資料で詳しくみてみる

「訪日台湾人・香港人向けメディア」を資料で詳しくみてみる

「広告プロモーション(台湾・香港向け)」を資料で詳しくみてみる

「調査・リサーチ(台湾・香港)」を資料で詳しくみてみる

「訪日台湾人・香港人向けフリーペーパー」を資料で詳しくみてみる

▼外部リンク

鳥取県 プレスリリース
http://db.pref.tottori.jp/

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボニュース

訪日ラボニュース

訪日ラボ編集部がセレクトした、企業のインバウンド対策向けのサービスのリリース、調査レポート、ニュースなどをご紹介。