AIで外国人旅行者の潜在ニーズを探り、最適なプランをレコメンドする実証実験開始

AIで外国人旅行者の潜在ニーズを探り、最適なプランをレコメンドする実証実験開始

おすすめアクティビティや観光地の提案にかかる時間とコストが課題

2019年1月16日、富士通株式会社(以下、富士通)、株式会社富士通研究所(以下、富士通研究所)およびEXest株式会社(以下、EXest)は、日本を訪れる外国人旅行者向けに、AIにより旅行者の潜在的なニーズを捉えてツアーなどのアクティビティプランを提案し、その有効性を検証する実証実験を、2019年1月30日から3月31日まで行うと発表しました。

EXestが運営するプラットフォーム「WOW U」(以下、同プラットフォーム)では、外国人旅行者に対し、通訳案内士によるガイドを受けながら、日本全国の様々なアクティビティを楽しめるプランを紹介していますが、EXestの専用スタッフがこれまでの経験やノウハウをもとに、旅行者のニーズにあわせてプランを選び出す属人的な対応となっており、提案にかかる時間とコストが課題となっていました。

外国人旅行者向けマッチングプラットフォーム「WOW U」

外国人旅行者向けマッチングプラットフォーム「WOW U」

実証実験の概要

同実証実験では、同プラットフォームにおいて、利用者が入力した年齢層や旅の目的などの属性データをもとに、富士通研究所が開発した利用者の属性と好みをマッチングさせ適切なアイテムをレコメンドするAI技術を用いて、利用者の好みを推論し、最適なアクティビティプランを提案します。

これに対応して、サービス利用者の満足度調査やサイトの利用ログを分析するとともに、アクティビティプランの成約率や成約までに要した時間を分析し従来と比較するなど、3社の知見を活かした効果検証を行います。

なお、富士通研究所は、同実証実験に先立ち、外国人へのインタビューとアンケート結果から、外国人旅行者の属性と好みの関係を表す数理モデルを作成し、このモデルを用いてサービス利用者とアクティビティプランをマッチングするAI技術を構築しました。

また、富士通は、富士通研究所が構築したAI技術をもとに、最適なアクティビティプランをレコメンドするAPIを開発して、同プラットフォームへ提供し、EXest社は同プラットフォームのPV数や滞在時間・購入率の向上について評価します。

(画像はプレスリリースより)

まずは知ってもらう!旅マエに有効なインバウンド集客を資料で詳しくみてみる

「インバウンド動画プロモーション」を資料で詳しくみてみる

「SNSを活用したプロモーション」を資料で詳しくみてみる

「インフルエンサーマーケティング」を資料で詳しくみてみる

「広告プロモーション」を資料で詳しくみてみる

▼外部リンク

富士通 プレスリリース
http://pr.fujitsu.com/jp/news/2019/01/16.html

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボニュース

訪日ラボニュース

訪日ラボ編集部がセレクトした、企業のインバウンド対策向けのサービスのリリース、調査レポート、ニュースなどをご紹介。