荷物預かりの「ecbo cloak」、「JR九州ステーションホテル小倉」にて開始

荷物預かりの「ecbo cloak」、「JR九州ステーションホテル小倉」にて開始

3月1日より荷物の預り開始

ecbo株式会社は、JR九州グループの小倉ターミナルビル株式会社と業務提携し、「JR九州ステーションホテル小倉」にて、荷物一時預かりサービス「ecbo cloak(エクボクローク)」を2019年3月1日より開始します。

JR小倉駅に直結している同ホテルでは、宿泊客以外の顧客から荷物を預かってもらえないかという要望が以前から多く寄せられていました。こうした要望に応えるため、同ホテルは「ecbo cloak」を導入することにしたのです。 「ecbo cloak」

「ecbo cloak」

荷物預かり需要に供給が追いついていない現状

小倉は福岡県北九州市に位置し、戦国大名・細川忠興の居城として有名な小倉城や旦過市場、小倉ぎおん八坂神社など観光名所が数多くあります。

北九州市では、訪日外国人数が2013年から6年連続で増加しており、2017年は前年比95.4%増で過去最高となりました。こうした訪日外国人の増加に伴い、荷物の預りニーズも増加しています。

しかし、小倉駅周辺のコインロッカーは6か所に計460個、うちスーツケースが入る大型サイズのコインロッカーは47個のみ、需要に対し供給が追いついていないのが現状です。

(画像はプレスリリースより)

インバウンド対策なにから始めたら良いかわからない?

訪日ラボがまとめた「インバウンドデータレポート」を資料で詳しくみてみる

「インバウンドコンサル」を資料で詳しくみてみる

「調査・リサーチ」を資料で詳しくみてみる

「インバウンドデータ」を資料で詳しくみてみる

「インバウンド研修」を資料で詳しくみてみる

▼外部リンク

ecbo株式会社 プレスリリース
https://ecbo.io/20190205_kokura-station-hotel/

ecbo cloak
https://cloak.ecbo.io

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボニュース

訪日ラボニュース

訪日ラボ編集部がセレクトした、企業のインバウンド対策向けのサービスのリリース、調査レポート、ニュースなどをご紹介。