JR東日本グループ、訪日外国人旅行者の利便性を向上するアプリの実証実験を実施

JR東日本グループ、訪日外国人旅行者の利便性を向上するアプリの実証実験を実施

スマートフォンのアプリによるスムーズなきっぷの購入を実現

2019年1月23日、東日本旅客鉄道株式会社(以下、JR東日本)とJR東日本スタートアップ株式会社は、訪日外国人向けアプリ「WAmazing(ワメイジング)」を提供するWAmazing(ワメイジング)株式会社(以下WAmazing社)と協業し、2019年2月1日(金)から3月31日(日)までの間、成田空港で訪日外国人旅行者の利便性向上を目的とした実証実験を行うと発表しました。

WAmazing社は、2016年7月の創業で、訪日外国人旅行者向け観光プラットフォームサービスを展開するスタートアップ企業であり、WEB・APP・WeChatにおいて、宿泊施設・レジャー施設などの予約購入が可能です。

JR東日本が販売するフリーパス「JR TOKYO Wide Pass」(以下、同フリーパス)は、現在、首都圏の空港やターミナル駅の「JR EAST Travel Service Center」等で発売していますが、実験期間中は、アプリ「WAmazing(ワメイジング)」等で購入可能にし、きっぷの予約、決済、受け取りまでをスムーズにします。

なお、同フリーパスは、訪日外国人旅行者向けのおトクなきっぷで、関東エリアを中心に新幹線、特急列車の指定席が3日間乗り降り自由に利用できます。

アプリ「WAmazing(ワメイジング)」

アプリ「WAmazing(ワメイジング)」

実証実験の概要

同フリーパスを、アプリ「WAmazing(ワメイジング)」/WeChat(ウィーチャット)ミニプログラムで販売し、受取場所は、成田空港 第一ターミナル・第二ターミナルの到着ロビー階特設カウンターになり、英語と中国語(繁体字、簡体字)に対応しています。

販売受付期間は2019年1月25日(金)11:00~3月26日(水)20:00で、受取期間は2019年2月1日(金)8:30~3月31日(日)18:30です。

また、受け取る際には、アプリで購入した後に付与されるQRコードを、受取場所に設置されたQR読み取り用タブレット端末にかざし、タブレット端末の付属スキャナで、顧客自身がパスポートをスキャンします。スキャン完了後、カウンタースタッフから同フリーパスを受け取ります。

(画像はプレスリリースより)

インバウンド受け入れ環境整備を資料で詳しくみてみる

「翻訳・多言語化」を資料で詳しくみてみる

「多言語サイト制作」を資料で詳しくみてみる

「多言語化表示サービス」を資料で詳しくみてみる

「テレビ電話型通訳サービス」を資料で詳しくみてみる

「訪日外国人向け道案内」を資料で詳しくみてみる

▼外部リンク

JR東日本 プレスリリース
https://www.jreast.co.jp/press/2018/20190114.pdf

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボニュース

訪日ラボニュース

訪日ラボ編集部がセレクトした、企業のインバウンド対策向けのサービスのリリース、調査レポート、ニュースなどをご紹介。