観光インフォメーションセンターでVR技術を用いた観光案内の実証実験

観光インフォメーションセンターでVR技術を用いた観光案内の実証実験

多言語対応で日本全国の観光地を紹介する施設

2019年1月21日、森トラスト株式会社(以下、森トラスト)は、ビジネス分野でVR(バーチャルリアリティ)の活用促進を進めるナーブ株式会社(以下、ナーブ)とともに、森トラストグループが運営する観光インフォメーションセンター「TIC TOKYO」(以下、同センター)において、VR技術を用いた国内の観光案内の実証実験(以下、同実証実験)を、2019年1月21日~2019年3月の期間実施すると発表しました。

同センターは、全国の地方自治体とともに、多言語対応で日本全国の観光地を紹介する施設として、2009年6月に東京駅日本橋口に隣接して開設され、国内外から年間約46万人が来館しています。

また、日本政府観光局(JNTO)認定の外国人観光案内所(カテゴリー3に認定)および東京都認定の観光案内窓口として、4ヶ国語(日・英・仏・中)対応のコンシェルジュによる観光案内を行っています。

どこでもストア

どこでもストア

実証実験の概要

同実証実験では、同センター内に、VRシステム「どこでもストア」(以下、同システム)を3台設置(40インチのサイネージ型1台、タブレット型2台)し、文字や写真だけでは伝わらない臨場感のある観光情報を、VR技術を用いて施設利用者に提供します。

なお、現在、北海道・東京・神奈川・京都・岐阜・島根・鳥取・兵庫・福岡・沖縄の各所観光施設など、計47件のコンテンツを閲覧可能であり、実証実験期間中には、箱根・鎌倉・横浜、都内(銀座・浅草・築地など)や、関西地方などのVRコンテンツを順次追加する予定です。

同実証実験を通じて、VRによる周遊促進への効果、VRでの観光案内のニーズや満足度、利用者の利便性等について、森トラストグループとナーブ共同で分析・検証します。

(画像はプレスリリースより)

顧客満足度を上げる!旅ナカに有効なインバウンド対応を資料で詳しくみてみる

「翻訳・多言語化」を資料で詳しくみてみる

「多言語化表示サービス」を資料で詳しくみてみる

「テレビ電話型通訳サービス」を資料で詳しくみてみる

「バイリンガル採用・派遣」を資料で詳しくみてみる

▼外部リンク

森トラスト プレスリリース
https://www.mori-trust.co.jp/pressrelease/2019/20190121.pdf

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボニュース

訪日ラボニュース

訪日ラボ編集部がセレクトした、企業のインバウンド対策向けのサービスのリリース、調査レポート、ニュースなどをご紹介。