アクティビティジャパン、中国語(簡体字)と韓国語サイトオープン

アクティビティジャパン、中国語(簡体字)と韓国語サイトオープン

春節に向けサービス充実化

株式会社アクティビティジャパンは1月10日、既存の日本語・英語・中国語(繁体字)・タイ語のサイトに加え、新たに中国語(簡体字)・韓国語サイトをオープンしました。

訪日外国人の増加に伴い、アクティビティジャパンにおいても海外からの予約者数が増加しています。とりわけ中国・韓国からの予約者は、前年度比3~4倍と高い伸び率を見せています。

こうした状況を受けて、2月5日に春節を控えたこの時期に、同社は中国語(簡体字)・韓国語サイトをオープンさせたということです。

「アクティビティジャパン」

「アクティビティジャパン」

アウトドアアクティビティに注目

中国・韓国からの旅行者は近年、アウトドアアクティビティに関心を持っています。

特に中国人旅行者の間では、沖縄本島での「体験ダイビング」、「シュノーケリング」といったマリンアクティビティが人気です。

韓国人旅行者の間でも、沖縄本島での「シュノーケリング」が人気です。しかし特筆すべきは、沖縄宮古島や神奈川湘南での「SUP(サップ:スタンドアップパドルボード)」も人気だということです。

「SUP」は、サーフボードの上に立ち、パドルで漕いで水面を進むというマリンアクティビティです。アクティビティ中に、自撮り写真や動画を撮影しようという若者に支持されています。

(画像はプレスリリースより)

インバウンド最大の中国市場は「旅マエ」にアプローチするのが重要!おすすめのインバウンド対策を資料で詳しくみてみる

「中国向けインフルエンサープロモーション」を資料で詳しくみてみる

「中国向け広告運用」サービスを資料で詳しくみてみる

「Wechatを活用したプロモーション」を資料で詳しくみてみる

「Weiboを活用したプロモーション」を資料で詳しくみてみる

▼外部リンク

株式会社アクティビティジャパン プレスリリース
https://wp.activityjapan.co.jp/

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボニュース

訪日ラボニュース

訪日ラボ編集部がセレクトした、企業のインバウンド対策向けのサービスのリリース、調査レポート、ニュースなどをご紹介。