金沢から世界遺産を巡る定期観光バスに訪日外国人向け「多言語ガイドシステム」導入

金沢から世界遺産を巡る定期観光バスに訪日外国人向け「多言語ガイドシステム」導入

定期観光バス「3つ星街道バス」を利用する訪日外国人が増加

2019年1月18日、西日本ジェイアールバスは、金沢から世界遺産の五箇山と白川郷を経て飛騨高山を巡る定期観光バス「3つ星街道バス」(以下、同バス)を利用する訪日外国人客が増加していることから、「多言語ガイドシステム」(以下、同システム)を、2019年1月26日(土)から導入すると発表しました。

同バスを予約・購入するには、ウエブ予約サイト「高速バスネット」あるいは外国語サイト「Japan Expressway Bus Net」でできます。また、金沢などのバスチケットセンタ-や主な旅行会社でも購入できます。なお、「Japan Expressway Bus Net」には、英語・繁体字・簡体字・韓国語ページがあります。

3つ星街道バス

3つ星街道バス

「多言語ガイドシステム」の概要

同システムは、GPSと連動して、各観光地に到着する前に、英語・中国語・韓国語の自動音声ガイドを流します。

運行日は土・日・祝日で、運行ルートは、「片道コース」では、9:10に金沢駅東口の5番乗り場を出発し、10:20~11:10に五箇山で村上家こきりこを鑑賞し、11:50~14:00に白川郷を散策して、15:10に高山(ひだホテルプラザ)に到着後、市内の自由散策となります。

また、「往復コース」は、「片道コース」に引き続き、16:40に高山(ひだホテルプラザ)を出発し、18:40頃金沢駅東口に到着します。

(画像はプレスリリースより)

顧客満足度を上げる!旅ナカに有効なインバウンド対応を資料で詳しくみてみる

「翻訳・多言語化」を資料で詳しくみてみる

「多言語化表示サービス」を資料で詳しくみてみる

「テレビ電話型通訳サービス」を資料で詳しくみてみる

「バイリンガル採用・派遣」を資料で詳しくみてみる

▼外部リンク

西日本ジェイアールバス ニュースリリース
https://www.nishinihonjrbus.co.jp/

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボニュース

訪日ラボニュース

訪日ラボ編集部がセレクトした、企業のインバウンド対策向けのサービスのリリース、調査レポート、ニュースなどをご紹介。