京急電鉄、ホステル事業初号案件 浅草エリア・東駒形に木造ホステルをオープン

京急電鉄、ホステル事業初号案件 浅草エリア・東駒形に木造ホステルをオープン

ターゲットはインバウンド需要

京浜急行電鉄株式会社は、ホステル事業の第1弾として、3月22日、浅草エリアの東駒形に、木造地上3階建ての「plat hostel keikyu asakusa karin」をオープンします。

昨年のインバウンド数は、過去最多の3,000万人を超えました。政府では、2020年のインバウンド数4,000万人超を目指していますが、ホテルの客室数不足や宿泊費の高騰が、現在課題として挙げられています。

plat hostel keikyu asakusa karin

plat hostel keikyu asakusa karin

インバウンドに人気の好立地に開業

「plat hostel keikyu asakusa karin」の「asakusa」は地名、「karin」は、床材に使用している高級木材である「カリン材」をさし、ホステルのデザインの特徴を表現。

同ホステルは、都営浅草線「浅草駅」から徒歩5分、「本所吾妻橋駅」から徒歩7分、インバウンドに人気の浅草寺や東京スカイツリーも徒歩圏内なうえ、羽田空港国内線ターミナル駅へもエアポート快特で約30分と、利便性にも優れています。

京急グループは、今後、新規物件の取得、または既存物件をホステルに改装することで、バックパッカーをはじめ、カップルや家族連れなどの多様化するインバウンドの宿泊ニーズに対応。同事業を拡大していく予定です。

(画像はプレスリリースより)

ホテルや旅館にオススメのインバウンド対策について より詳しい資料のダウンロードはこちら

「翻訳業務」を資料で詳しくみてみる

「テレビ電話型通訳サービス」を資料で詳しくみてみる

「チャットボットシステム」を資料で詳しくみてみる

「インバウンド研修」を資料で詳しくみてみる

▼外部リンク

京浜急行電鉄株式会社 プレスリリース
https://www.keikyu.co.jp/

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボニュース

訪日ラボニュース

訪日ラボ編集部が選んだ、企業のインバウンド対策向けのサービスのリリース、調査レポート、ニュースなどをご紹介。