はたらくどっとこむ、外国人リゾート派遣数が2.2倍に

はたらくどっとこむ、外国人リゾート派遣数が2.2倍に

ワーキングホリデービザ所有の外国人をリゾート派遣

株式会社アプリは1月29日、観光地での住み込み求人サイト「はたらくどっとこむ」内における外国人リゾート派遣数の集計結果を発表しました。

はたらくどっとこむでは、ワーキングホリデービザを所有する外国人をリゾート地へ派遣しています。 「はたらくどっとこむ」

「はたらくどっとこむ」

訪日外国人の増加を受けて 昨年末、訪日外国人数が初の年間3,000万人を突破しました。これを受けて政府は、2020年の目標を4,000万人に設定しています。

訪日外国人増加に伴い、「はたらくどっとこむ」内でも外国人リゾート派遣数が伸びています。2016年で168人、2017年で312人、2018年で371人と、外国人リゾート派遣数は2年間で約2.2倍となりました。

ホテル・旅館が外国人採用に動いた

外国人リゾート派遣数が増加した要因について同社は、就労希望者が増えたことや、ホテル・旅館が外国人採用に動いたことが大きいと分析しています。ホテル・旅館は、訪日外国人に対応できる人材として外国人に期待しているのです。

同社は、こうした流れに乗り、2020年の外国人リゾート派遣数の目標を500人と設定しました。

(画像はプレスリリースより)

ホテルや旅館にオススメのインバウンド対策について より詳しい資料のダウンロードはこちら

「翻訳業務」を資料で詳しくみてみる

「テレビ電話型通訳サービス」を資料で詳しくみてみる

「チャットボットシステム」を資料で詳しくみてみる

「インバウンド研修」を資料で詳しくみてみる

▼外部リンク

株式会社アプリ プレスリリース
https://apptli.co.jp/press/1318/

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客のインバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!