参加者は外国人親子!愛知県、農産物のモニターツアーを実施 SNSで世界へ情報発信

参加者は外国人親子!愛知県、農産物のモニターツアーを実施 SNSで世界へ情報発信

インバウンドに人気の日本の農産物

愛知県は、農産物のインバウンド需要をさらに喚起するため、今年度2回目となるバスツアーを2月2日(土)に実施します。

近年、インバウンドが増加する一方、訪日目的として、ショッピングや日本食を楽しむことに高い関心が寄せられています。なかでも、農産物については、購入あるいは食べるだけにとどまらず、収穫などの農業体験のほか、収穫したものを自国へ持ち帰るといったお土産需要も高まってきているといいます。

モニターツアー

モニターツアー

バス移動中はSNS等で海外へ情報発信

モニターツアーの参加者は、県内在住の外国人親子(中国2名、フィリピン2名、インドネシア4名、ベトナム2名、ブラジル2名)の6組12名。参加者には、バスによる移動中、海外に向けてSNS等で情報発信してもらう予定です。
  
まず、ツアー一行は、体験農園「あおいパーク(碧南市)」にて、碧南市を代表するにんじん「へきなん美人」のもぎとり体験や、ミニトマトの収穫体験、にんじん生搾りジュースの試飲を行います。

また、アメリカのオレゴン州にある農場をコンセプトにした農家レストラン「サンセットウォーカーヒル(常滑市)」では、地元の食材を使用したランチを楽しみ、観光農園「オレゴンファーム(常滑市)」では、いちご狩りを体験することになっています。

なお、県では、2月末頃、インバウンド向けWEBサイト「Japan Fruits」にて、ツアーのレポートを掲載する予定です。

(画像は愛知県のホームページより)

まずは知ってもらう!旅マエに有効なインバウンド集客を資料で詳しくみてみる

「インバウンド動画プロモーション」を資料で詳しくみてみる

「SNSを活用したプロモーション」を資料で詳しくみてみる

「インフルエンサーマーケティング」を資料で詳しくみてみる

「広告プロモーション」を資料で詳しくみてみる

▼外部リンク

愛知県 プレスリリース
https://www.pref.aichi.jp/

インバウンド向けWEBサイト「Japan Fruits」
https://the-way-of-japan.com/fruits/

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客のインバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!