【無料セミナー@3/14銀座】中国電子商務法が与える消費への影響とは?中華圏 訪日観光客1,500万人時代到来! 中国・台湾・香港の消費行動セミナーD2CX主催、バイドゥ、訪日ラボ登壇

2018年は訪日外国人数が3000万人を突破しました。その中でも訪日外国人の約5割が中華圏から訪れています。インバウンド対策=中華圏からの外国人対応と言っても過言ではありません。しかしながら、中華圏インバウンドを取り込む具体的な方法はまだまだ浸透していません。そこで今回、訪日外国人マーケティングをしている株式会社D2C Xが来る2019年3月14日(木)に「中華圏 訪日観光客1,500万人時代到来! 中国・台湾・香港の消費行動とは」を開催いたします。今回は本セミナーの紹介をします。

このセミナーに参加申し込みする 

【無料セミナー@3/14銀座】中華圏 訪日観光客1,500万人時代到来! 中国・台湾・香港の消費行動とは

「訪日中国人に何がウケるのかわからない……」

「電子商務法の影響がどのようにでているのか現場の声が知りたい……」

「台湾・香港をターゲットにしているが実態がつかめない……」

「中華圏インバウンドを取り込みたいが何をすればいいのかわからない……」

もし、こうした課題を抱えているインバウンド担当者の方であれば、本セミナーは非常に参考になるテーマになるでしょう。今回の無料セミナーでは、訪日ラボ、インバウンド研究室室長の田熊が「大阪から現場レポート! インバウンドの爆心地で今、何が起こっているのか ~電子 商務法の影響は如何に~」というテーマで話します。

19年1月より中国で施行された電子商務法。電子商務法とは、個人での輸入を規制する法律です。電子商務法の施行により、日本に訪れて代理購買をする個人が減少すると予想されています。その影響を一番受けるであろうと予想されている大阪を訪日ラボが訪れ、その様子を本セミナーにてレポートします。消費額が一番多い中国。2019年の消費にはどのような影響を及ぼすのか。2019年の中国人消費のトレンドをつかめるセミナーになるでしょう。

セミナーの第二部は、「"爆買"の正体とは? 多様化する消費行動・購買商品」というタイトルでバイドゥ株式会社 国際事業部 アカウントエグゼクティブ 張宇馳氏が登壇します。中国検索シェア率第1位の「百度」の検索データを活かし、中国人の多様化する消費行動についてお伝えする予定です。

そしてセミナーの第三部では、「訪日観光メディアtsunaguJapanのデータから読み解く、台湾人・香港人の行動分析」と題して株式会社D2C X 代表取締役社長 萩原良氏が登壇します。香港・台湾人のアクセスが大部分を占める国内最大級の訪日観光情報メディア「tsunaguJapan」。台湾人・香港人の行動・興味関心について講演する予定です。

本セミナーは、中華圏である中国、台湾、香港の最新動向をたったの1日で学べるセミナーです。また、セミナー後は名刺交換会を開く予定インバウンド対策を実施している企業、これからインバウンド対策を実施する企業みなさまと交流を深めることができる会になっています。

なお、今回のセミナーは定員が100名までと限られています。毎回、この様な無料インバウンド対策セミナーを募集すると一週間で定員の数に達してしまうことがほとんどです。

前回のセミナーの様子はこちら

ラグビーW杯まで1年切りましたが、準備は万端ですか?/2020に向け急成長が期待される『欧米豪市場』をデータを元に切り込む!D2Cセミナー第

2018年9月26日、株式会社D2Cは「2019年はラグビーワールドカップ!欧米豪訪日観光客の滞在分析とコミュニケーション手法」を開催しました。訪日ラボ、株式会社ナビタイムジャパン、株式会社オールアバウトが登壇した今回のセミナー。欧米豪の訪日外国人の傾向やデータ、コミニュケーション手法について各社が解説しました。今回はこちらのセミナーのレポートをご紹介します。インバウンド対策なにから始めたら良いかわからない?訪日ラボがまとめた「インバウンドデータレポート」を資料で詳しくみてみる「インバウン...

今回のセミナーも早期に定員に達する可能性がありますので、ご参加をご検討されている方は、お早めにお申し込みすることをオススメいたします。

このセミナーに参加申し込みする 

【こんな方にオススメです!】

【このセミナーで得られるもの】

  • 電子商務法の影響による最新の中国人消費動向について
  • 中華圏インバウンド対策の最新の事例
  • インバウンド対策の基礎基本
  • 中華圏の最新のインバウンド動向や消費データ
  • 中国検索シェア率第1位の「百度」の検索データからみる消費動向


  • 開催概要
  • 日時:2019年3月14日(木)17:00~19:00
  • 受付 16:30~ (受付にて、ご本人様のお名刺を1枚頂戴致します。)
  • 開演 17:00~
  • 場所:D2Cホール(東京都中央区銀座6-18-2 野村不動産銀座ビル5F)
  • 会場はこちら よりご確認ください。
  • 参加費:無料
  • プログラム: ※タイムスケジュール・プログラムは変更になる場合がございます。
    • 17:00~17:05
      • 挨拶
      • 株式会社D2C X 取締役 中西恭大
    • 17:05~17:35
      • 「大阪から現場レポート! インバウンドの爆心地で今、何が起こっているのか ~電子 商務法の影響は如何に~」
      • 株式会社mov インバウンド研究室 室長 田熊力也
    • 17:35~18:05
      • 「"爆買"の正体とは? 多様化する消費行動・購買商品」
      • バイドゥ株式会社 国際事業部 アカウントエグゼクティブ 張宇馳
    • 18:05~18:15
      • 休憩
    • 18:15~18:45
      • 「訪日観光メディアtsunaguJapanのデータから読み解く、台湾人・香港人の行動分析」
      • 株式会社D2C X 代表取締役社長  萩原良
    • 18:45~
      • 名刺交換タイム

このセミナーに参加申し込みする 

ご注意事項

※セミナーで講演者に取り上げてほしい内容、質問がございましたら、登録フォームの備考欄にお書き添え下さい。講演者へお伝えさせて頂きます。(内容に盛り込むことを保証するものではございませんので、予めご了承下さい)

※応募者が定員数を超えた場合、お申し込みを早期に打ち切る場合がございます。

※お申し込み多数の場合、抽選とさせていただくことがございます。あらかじめご了承ください。

※お申込み後、個別に参加可否をご連絡させて頂きます。

※会場での受付時にお名刺を頂戴しております。

※会場内での撮影・録音はご遠慮ください。

◆報道関係者の方

※イベントレポート執筆をご希望のメディア様・個人様は、登録フォームの備考欄にお書き添え下さい。別途ご連絡差し上げます。

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客のインバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!