シャープ、「RoBoHoN」20体を「変なホテル大阪 心斎橋」で運用開始

シャープ、「RoBoHoN」20体を「変なホテル大阪 心斎橋」で運用開始

インバウンドに安心感と楽しさを提供

シャープ株式会社は、H.I.S.ホテルホールディングス株式会社が2月1日に開業した「変なホテル大阪 心斎橋」に、コミュニケーションロボット「RoBoHoN(以下、ロボホン)」20体を納入し、運用をスタートしました。

ロボホンは、身長約19.5センチメートル、体重約390グラムのコミュニケーションロボット。会話をする、歩く、踊るなど、様々なアクションができるのが特徴です。

コミュニケーションロボット「RoBoHoN」

コミュニケーションロボット「RoBoHoN」

圧巻のダンスパフォーマンスを披露、案内役としても大活躍

今回納入されたロボホンは、ステージパフォーマンス用の19体と館内案内用の1体です。

同ホテルのロビーには、ロボホン専用のステージがあり、朝7時から夜11時までの毎正時には、19体のロボホンが一斉にダンスをスタート。また、ステージ後方では、ロボホンの動きと連動して桜吹雪や扇子などの3D映像も同時に映し出され、宿泊客を惹きつけます。

さらに、ロボホン1体は、フロントデスクに設置。日本語、英語、中国語、韓国語の4カ国語に対応し、宿泊客がロボホンに接続されたタブレット端末で、設備やサービスなどに関する各種案内メニューから、知りたい項目をタッチすると、ロボホンが音声でガイダンスします。

楽しさと利便性双方を持ち合わせたロボホン。同社は、インバウンドにも安心して利用してもらいたい考えです。

※「ロボホン」「Robohon」は、シャープ株式会社の登録商標です。

(画像はプレスリリースより)

ホテルや旅館にオススメのインバウンド対策について より詳しい資料のダウンロードはこちら

「翻訳業務」を資料で詳しくみてみる

「テレビ電話型通訳サービス」を資料で詳しくみてみる

「チャットボットシステム」を資料で詳しくみてみる

「インバウンド研修」を資料で詳しくみてみる

▼外部リンク

シャープ株式会社 プレスリリース
http://www.sharp.co.jp/corporate/news/190130-a.pdf

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボニュース

訪日ラボニュース

訪日ラボ編集部がセレクトした、企業のインバウンド対策向けのサービスのリリース、調査レポート、ニュースなどをご紹介。