JAL、国際線予約開始を360日前に変更!2020年を見据え、これまでより30日前倒しに

JAL、国際線予約開始を360日前に変更!2020年を見据え、これまでより30日前倒しに

2020年を見据え、これまでより30日前倒しに

日本航空株式会社(以下、JAL)は、2月12日、2020年に向けたインバウンドニーズに対応するため、国際線の予約受付開始日について、これまで搭乗日の「330日前」であったものを、「360日前」へ変更することを発表しました。

国際線予約開始を360日前に変更

国際線予約開始を360日前に変更

航空券の予約・発券をグローバル・スタンダードに

今回の国際線予約受付開始日の変更については、2017年11月に行った「旅客基幹システム刷新」により実現したものです。

インバウンドの増加に伴い、その需要も年々多様化しています。インバウンドからは、なるべく早く旅行の計画を確定させたいとの声が多く寄せられたことから、JALでは、2020年に向け、このインバウンドニーズに応えるべく、世界標準レベルの360日先の航空券の予約・発券を可能としました。

なお、JALでは、日本時間2019年4月1日10:00から、運用をスタートする予定です。一方、インバウンドは、フライト予約だけでなく、他のホテルなどの予約とともに、旅のスケジュールを早い時期に確定することができるようになります。

JALグループのテーマは、「挑戦、そして成長へ」。2017年度から2020年度までの中期経営計画を策定し、その実現に向けて取り組みを進めています。今後もJALでは、商品やサービスの品質の向上に積極的に取り組むことで、顧客の利便性向上に努めていく考えです。

(画像はプレスリリースより)

まずは知ってもらう!旅マエに有効なインバウンド集客を資料で詳しくみてみる

「インバウンド動画プロモーション」を資料で詳しくみてみる

「SNSを活用したプロモーション」を資料で詳しくみてみる

「インフルエンサーマーケティング」を資料で詳しくみてみる

「広告プロモーション」を資料で詳しくみてみる

▼外部リンク

日本航空株式会社 プレスリリース
http://press.jal.co.jp/ja/release/201902/005052.html

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボニュース

訪日ラボニュース

訪日ラボ編集部がセレクトした、企業のインバウンド対策向けのサービスのリリース、調査レポート、ニュースなどをご紹介。